KRCヘンク

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第二十三話  青空の下に青いウェアの少年達

 人口六万人のゲンク。KRCゲンクの本拠地クリスタルアレナの収容人員は25000。車で訪れる地元ファンはともか…

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十三話 ニューヨークへの黙祷を捧げたデビュー

 FIFA世界ランク一桁同士。フランスvsベルギーの隣国対決は6月7日、スタッド・ド・フランスで行われた。368日後には、この場所でユーロ2016が開幕する。 その一月後には決勝もこのサンドニ行われる。

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十話 プロ・リーグ変革と永久欠番の『23』

 憂いを帯びた横顔を絶妙な加減で陽光が照らすベルギーサポーター女性のワンショット。 ベルギーの光と闇を主題とするコラムも十話目。前半終了ハーフタイムに入る所であらためてベルギー多国籍化の歴史とジュピラー・プロリーグの御復習いをしておく。

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第九話 ルク・ニリスの閃光

その後の際・ファン・ウェルメスケルケン 2009年アイントホーフェンからローマへの航空券。以前紹介したライアンエアをかつて空飛ぶバスと呼んでいたのは筆者だけではないはず。チケットに座席番号はない。現在はチェックイン時座席指定されるが当時は自由席。アヤクシートの筆者にとっては他ならぬ

no image

欧州蹴球文化紀行 ベルギーの光と闇 第七話 サンジェルマンアンレーからの風

ヘントの大波乱。《英雄》はPSGユース出身者 UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは2月16日幕を開く…

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第四話 遺志を受け継ぐ世代

イエロー&ブラック欧州を駆ける2014年10月5日、アントワープ中央駅でロケレンまで往復の切符を購入した。 KSC・ロケレンは2000年に近隣四つのクラブが合併し現在の運営に。チームカラーは黄色と黒。この二色はベルギーの国旗にも用いられているが、ドイツとベルギー以外でブラックが使われているデ

no image

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第三話/全六話