ディナモ・ザグレブ

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十二話 バスクとエーゲ海の壁

 冒頭に述べておくと本話の《闇》はベルギーではない。過去の欧州蹴球文化探訪の中からアングルを修正した。  20…

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第六話 W.ベフェレンの生きる道(後編)

 本拠地フレシエル・スタディオンの収容人員は13000人弱。 ベフェレンの人口は二万人、メルセレ一万人、ハースドンクは五千人にも満たないのだから併せてもロケレンの四万人に劣る。ワースランド地域最大の都市シントニクラースの人口は7万3000人。その西側にロケレン、東側にベーフェレンが位置する。

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第五話 W.ベフェレンの生きる道(前編)

エスコー川を越えて アントワープ南駅から列車はエスコー川を越えズウェインドレストに停車。次のメルセレ駅を過ぎれば下車の準備に。チケット代は往復で4,2ユーロ。赤レンガの駅舎は街の南側にあるため北に向かって歩けばスタディオンにはどうにか着く。

no image

アーセナル 苦境からの生還!

Embed from Getty Images *記事の内容が少々古くなってしまいました、申し訳ございません(…

欧州蹴球文化探訪Afterword  Vol.17 サッカーキング・オピニオン

 デ・ブルイネがゲンクからチェルシーに移籍したのは2012年。当時21歳の彼は前年(2011-12シーズン)欧州デビューを果たしていると書

no image

欧州蹴球文化探訪 第二十九の巻 バルカンの黄金銃とボヘミアニズム

 連日目の前がくらくらした。チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの予選。ホーム&アウェーのノックアウト方式は…