アヤックス

♯20 日本人が知らない”アーセナル” その一/はじめに

チェアマンの“おやじいの”です。今回節目の20話です。そろそろ前振りを終えて「秘書室」の本編に入りたいと思います。クリ)ロンドンのクリスティーナです。ナカ)ナカムラです。19話かけて前フリって長くないですか?

♯16 欧州フットボールを駆け抜けろ! 5月なのに暑《熱》い

チェ)暑い!チェアマンの“おやじいの”です。 クリ)ハンガリーのクリスティーナと二人でお届けします。英国は涼し…

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十八話 蘭独国境の街を駆けるベルギー人達

 川島永嗣が在籍していた2012年のスタンダール・リエージュを指揮していたのはロン・ヤンス。  87-88年ロ…

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十四話  ヘイゼルの悲劇

 前々話で追想した2009-2010シーズンUEFAヨーロッパリーグ、スタンダールリエージュがパナシナイコスを破ってのベスト8進出。前線のシセ、中盤の底で舵を取るジウベルト・シウバ、ビッグネーム二人に挟まれた位置でギリシャ人にしては珍しい小柄な技巧派ソティリス・ニニスが持ち味を存分に発揮した。

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十二話 バスクとエーゲ海の壁

 冒頭に述べておくと本話の《闇》はベルギーではない。過去の欧州蹴球文化探訪の中からアングルを修正した。  20…

no image

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十一話 アペルドールンに交差するフットボール人生

 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会終了後、日本代表の守護神、川島永嗣の移籍によってアントワープ近…

no image

欧州蹴球文化紀行 ベルギーの光と闇 第七話 サンジェルマンアンレーからの風

ヘントの大波乱。《英雄》はPSGユース出身者 UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは2月16日幕を開く…

紀行文のあとがき 第3回 オランダフットボール変遷史(後編)

 第二話でアヤックス下部組織での子供たちが取り組む練習メニューの一端を取り上げた。ミケルスの理念を継承したクライフの練習についても現在連載中のベルギーの光と闇第の中でふれている。 昨年末の報道番組では、戦後70年の歴史を振り返る企画が複数局で放送されていた。天災人災とテクノロジーの変革。戦後半世紀の

no image

紀行文のあとがき 第2回 オランダフットボール変遷史(前編)

 全六話は当初三つの異なるテーマにセパレートされていた。 ・ファン・ウェルメスケルケン・際のプレーを中心に海外…

no image

欧州蹴球文化探訪 第四十一の巻 スリナムは何処にある(後編)

 ジーザズ=神の天敵である「D」のイニシャル。ダーヴィッツはその名の通りだがルイス・スアレスも何処かに「D」を…

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 最終話

 1974年ワールドカップでのヨハン・クライフの躍動。メディアはトータルフットボールの固有名詞を用いての幕開けを

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第五話/全六話

干拓地で育まれたフットボールの一端

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第四話/全六話)

開戦 ドルトレヒト対デンボス 欧州

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第二話/全六話

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第一話/全六話)

no image

欧州蹴球文化探訪Afterword  Vol.14 サッカーキング・オピニオン

 読み直すとオピニオン・リライト&ダイジェスト版の文中に、“ビリッチはEL決勝=バーゼルを経由せずプレミアのル…

no image

欧州蹴球文化探訪 Afterword Vol.6 サッカーキング・オピニオン

第六巻から第十巻はオーストリア編。サッカルチャーでは2013年のアウストリア・ウィーンと2015年のザルツブル…

欧州蹴球文化探訪 第四十の巻 ロシアとオランダを経由してトルコで再会したチェコ人とハンガリー人

 今季ブルサシュポルに集結した細貝萌のチームメートは意外に日本人と縁がある。本文大盛りなので前置きはこれだけにして第四十巻突入。

欧州蹴球文化探訪 第三十の巻 地方・女性・素人がスウェーデンフットボールのキーワード

 「スウェーデンの田舎に行くと素人の女性と良いことができるのか?」と期待された方はかなり想像力が豊かで無知でもある。売買春行為において男性=

欧州蹴球文化探訪 第二十五の巻 ヘルシンキのターゲットとシャドー

サッカー現代用語に限らず「何かおかしくない?」と思うことも日常茶飯事。ウィーンからニューヨーク、ヘルシンキと脳内での回想録は北半球を一周