テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

レッドブル・ザルツブルクに関する記事群です。

7 02, 2016

欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第十二話 バスクとエーゲ海の壁

By | 2016-05-03T14:26:13+00:00 2月 7th, 2016|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , |0 Comments

 冒頭に述べておくと本話の《闇》はベルギーではない。過去の欧州蹴球文化探訪の中からアングルを修正した。  2009年9月のELグループステージ第一節、ディナモ・ザグレブ戦はロメル・ルカクにとってUEFAコンペティションのデビュー戦。2-0の勝利に1アシストで貢献している。 […]

16 12, 2015

リオ五輪世代の逆襲~2列目&FW編~

By | 2017-04-21T21:51:43+00:00 12月 16th, 2015|Categories: コラム, 日本代表コラム|Tags: , , , , , , , , , , , , , , , |0 Comments

View image | gettyimages.com  前回、前々回と各ポジションの選手に焦点を当て、記事にさせていただいたが、最後に攻撃的なポジションの選手を取り上げてリオ世代を総括していきたい。 […]

11 12, 2015

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 最終話

By | 2017-04-21T21:51:44+00:00 12月 11th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , |0 Comments

 1974年ワールドカップでのヨハン・クライフの躍動。メディアはトータルフットボールの固有名詞を用いて< 近代史>の幕開けを活字に報じてきた。 […]

7 12, 2015

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第三話/全六話

By | 2017-04-21T21:51:45+00:00 12月 7th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , , , , , , , , , , , , , |0 Comments

[…]

3 12, 2015

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第二話/全六話

By | 2017-04-21T21:51:45+00:00 12月 3rd, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , |0 Comments

[…]

12 10, 2015

欧州蹴球文化探訪 Afterword Vol.6 サッカーキング・オピニオン

By | 2015-10-15T17:32:23+00:00 10月 12th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , , , |0 Comments

第六巻から第十巻はオーストリア編。サッカルチャーでは2013年のアウストリア・ウィーンと2015年のザルツブルグ、共にシーズン覇者が最終節で敵地に乗り込んだ両試合の観戦を回想し、ザルツブルグ側にフォーカスをしぼっている。 […]

26 08, 2015

欧州蹴球文化探訪 第三十四の巻 アルプスの麓で躍動するヤパーニッシュ

By | 2015-11-09T15:44:48+00:00 8月 26th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , , |0 Comments

 今巻ではアルプスの麓スイスとオーストリア、そしてベルギーに目を向けた。“フランダースの犬“の作者は英国人なので、舞台のベルギー人が、「本当のベルギー人はあんな薄情じゃない」と怒り、家庭教師のCMに出演するハイジと爺さんを見たスイス人は泡を吹いた・・・・かもしれない。 […]

13 08, 2015

欧州蹴球文化探訪 第三十の巻 地方・女性・素人がスウェーデンフットボールのキーワード

By | 2015-11-08T14:06:12+00:00 8月 13th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , , , , , , , , , |1 Comment

 「スウェーデンの田舎に行くと素人の女性と良いことができるのか?」と期待された方はかなり想像力が豊かで無知でもある。売買春行為において男性=買う側を処罰する法の創案国がスウェーデンやノルウェーだ。スウェーデン/政治とフットボ―ルの関連性を考察。 […]

14 07, 2015

欧州蹴球文化探訪 第九の巻 6-1のスコアと二十二年の歳月

By | 2015-09-17T22:01:21+00:00 7月 14th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , |1 Comment

ファッションの最先端を行く都市ミラノ。レンブラントに代表される美術のアムステルダム、そしてモーツァルトで知られる音楽のザルツブルグ・・・を舞台に、 なぜか三国志(歴史ドラマ)風三つ巴の抗争を展開するストーリーも今回の一幕で終了 […]

14 07, 2015

欧州蹴球文化探訪 第八の巻 ドルトムントの此の親にしてバイエルンのこの娘在り

By | 2015-09-17T11:00:35+00:00 7月 14th, 2015|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , , |1 Comment

 UEFAヨーロッパリーグ予選に傾注していたら、日本の話題にノリおくれた!日本中で論争を巻き起こしていた佐々木ノリお監督のマナか、マナかな発言。引き続きのオーストリア懐古は90年代までさかのぼる。 […]

Load More Posts