欧州蹴球文化探訪 ベルギーの光と闇 第二十四話 ハーザールとマリマン

 2010年には、今季もUEFAヨーロッパリーグで四強進出。今や欧州を代表する強豪へと変貌したウクライナのシャフタール・ドネツクをはじめ、アメリカやカナダなど欧州以外の大陸にまで招かれている。

 ブルージュでは2011年にはテクニカル・ディレクターに昇進。新たなコンセプトに基づき組織を再編成に着手しパフォーマンス・センターを新たに創設。指導者とエンジニアによりスカウティングのデータシステムの開発することで育成だけでなく発掘方法においても新たなアプローチを導入した。
 
Lestienne

2011年、U19ベルギー代表のマクシム・レスティエンヌは18歳から22歳までブルージュでプレー。現在はPSVにレンタルされているが保有権はカタールのクラブに。

sandro

 DFブランドン・メチェル(1993年 1月生まれ)は2012年トップデビュー。元U19代表サンダー・クープマン(1995年3月生まれ)は昨季トップデビューした攻撃的MF。

Birger Verstraete

 そしてコリン・Coosemans –現KVメヘレンはマリマンが指導した世代。その後、数多くのクラブや専門家、国内外を訪問している。
2012年クライフインスティテュートのマスターを取得したマリマンは2013年8月ダブルパス社のコンサルタントとして招かれた。