ぷら~り 欧州蹴球場百景 【99】エスプリ・アレーナ/ デュッセルドルフ

◆◆◆◆◆

ウエストLB州立銀行のビルディング前には金属スカルプチャー。1977年に日本に進出した同行が撤退したのもこの時期。HSBCホールディングスやヴォーダフォンなどの英国企業の本社もある金融経済の拠点。スポンサー獲得に苦慮する地方小都市のクラブからすれば垂涎の地。

◆◆◆◆◆

第53景のケルンでも2009年5月から6月にかけて開催されたMAKの展覧会告知を掲載した。マイケルジャクソンが他界したニュースもデュッセルドルフの宿舎で見た。第二景のデュイスブルグもこの頃に撮影した写真。ノルトライン=ヴェストファーレン州に足を運んでは片っ端からビールを飲んでいた十年前は少しだけ若くて胃袋も元気だった。

◆◆◆◆◆

2003-04シーズンは四部から昇格し4シーズンの三部暮らしが続いていたフォルトゥナ。それでも2004年9月10日旧本拠地FCUアリーナに38,123人を動員。レギオナルリーガ北地区レベルでは新記録を樹立している。

DFBがアマチュアリーグ再編に着手したのは2008年。セカンドチームの若手に実戦経験の機会を与えようとプロリーグの3部がスタート。この時期はノルベルト・マイヤーの指導のもとフォルトゥナも確実に力を増していた。開幕戦こそ1-4の大敗したもののその後3連勝3試合で10得点無失点。ウィンターブレーク前、最後に首位パターボーンとのアウェー戦はスコアレスドロー。4位の好位置につけて前半を折り返している。

◆◆◆◆◆

第25景は森のくまさんの話。ブンデス2部2015-16シーズンの最終戦ハイデンハイムはボーフムに立て続けに4ゴールを奪われている。


◆◆◆◆◆

アウェーに乗り込んだボーフム·サポーターの鼻息は荒く得点後のボーフム·イレブンの喜び方も尋常ではない。理由は得点王争い。


◆◆◆◆◆

既に優勝=昇格を決めたフライブルグのエース、元U21ドイツ代表ニルス·ペテルセンは21ゴール。一方オラが街のシモン·テローデは22ゴールで一歩だけリード。当然同時刻のキックオフ。


◆◆◆◆◆

このマッチレースはハットトリックを達成して引き離したシモン・テローデが独走でタイトルを手にする。


◆◆◆◆◆