ぷら~り 欧州蹴球場百景 【107】ガツィ・シュタディオン・アウフ・テア・ヴァルダウ /シュツットガルト

コパ・アメリカ2019は開催国ブラジルの優勝で幕を閉じた。森保ジャパンも貴重な経験を積んだ同大会。直前のキリンチャレンジカップと大きく入れ替えたメンバーに注目が集まる中、いずれにも名前が挙がらなかった浅野拓磨。
出場試合が一定数を超えると、買い取り義務が生じるという理不尽な足枷によって、27節からベンチ入りすらできないままシーズンを終えた。

◆◆◆◆◆

写真は22節(2月16日開催)アウェーでのホッフェンハイム戦を報じるビルド紙面。
左翼スタメンの原口元気と後半頭から出場の浅野琢磨への評価は共に5。試合は3-0の敗戦とあってハノーファーのスタメン5人に最低点の6がつけられたから、まだましと苦笑し、巻き返しを期待していたのだが・・・・


◆◆◆◆◆

先月オークウッドプレミアで催されたワイン&チョコレートのテイスティング·パーティーに招かれた。チョコレートの大半はドイツやポーランドから筆者が持ち帰った品々。


◆◆◆◆◆

このコラムでもカバーに度々登場する。ななせさんはイタリア·トリノのカファレル、あすみさんはスペイン·ジローナのトラス、あづささんは英国ロンドンに本社があるキャドバリー、まゆさんはスイスのリンツといった具合。


◆◆◆◆◆

ワインとの相性は兎も角、甘過ぎるチョコレートの口直しにビールを含む変な人は自分くらいのものか。ハム·ソーセージと乳製品、そしてチョコレートは欧州滞在時スーパーで手に取る回数がやたら多い。


◆◆◆◆◆

日本では西友の店頭に並んでいる英国アズダ·ブランドのチョコレート。
西友もアズダもウォルマート傘下。このチョコ美味いのは当然で製造しているのはドイツの老舗ルドウィッグ·ショコラーデ。ザールヴェリンゲンなどフランスとの国境沿いに工場を構える。

◆◆◆◆◆

フットボールとチョコレートで思い当たるエピソードがひとつ。
ドイツのシュツットガルト北東部バート・カンシュタットで1912年創業したアルフレッド·リッターは、1930年規模を拡大するためヴァルデンブーフに移転するのだが、カンシュタット·ヴァセンで観戦するファンのためにポケットに入れやすく食べやすいチョコレートの形状が発案されて、現在も世界的な人気を誇るのがしずくさんが手にする『リッタースポーツ』。