ぷら~り 欧州蹴球場百景【100】ヨハン·クライフ·アレナ / アムステルダム

◆◆◆◆◆◆

南米四ヶ国と欧州二ヵ国、すべてスペイン語ポルトガル語圏出身の選手でスタメンを組んだのはヨハンクライフ信者のジョルジェ·ジェズス。この試合は勝利したがアウェーでラファ·ベニテス指揮するレッズの前に敗退。

2103年5月15日ヨハン·クライフ·アレナ(当時はアムステルダム·アレナ)での決勝において再びベニテスと相まみえる。試合後クライフとの抱擁に敗者の美学を垣間見た。

2018年12月12日 FCバイエルン·ミュンヘン


◆◆◆◆◆◆

写真は同クラブ公式麦酒を飲む久留実さん。結局最後はバイエルンなのか。呆れるほどの底力で7連覇達成。この強豪相手にグループ·ステージでの二試合ドローは、(対戦当時調子を落としていたとはいえ)価値がある。そのバイエルンは2年後にCEO就任に向け、あのオリバー·カーンを上層部に迎え入れる。


◆◆◆◆◆◆

あづ紗さんが持っているのは2005年来日ツアーのプログラム。カーンとバラック見たさに国立に足を運んだ14年前。

2019年2月13日レアル·マドリー


◆◆◆◆◆◆

説明不要の白い巨人。欧州四連覇を阻んだだけでも歴史の残る快挙。あすみさんが手にしているのは、こちらも2005年来日ツアーのプログラム。


◆◆◆◆◆◆

2019年4月10日 ユヴェントスFC。
1996年決勝PK戦で連覇を阻止された仇敵。2004年、2009年の対戦を経て23年目にして遂に雪辱を果たす。

2019年5月8日 トッテナム·ホットスパー
大会史に残る逆転劇。エリクセン、フェルトンゲン、トビー·アルデルヴェイレルトが後輩達の前に立ち塞がった。


◆◆◆◆◆◆