ぷら~り 欧州蹴球場百景【122・123】スタッド・ジャン・ブアン&スタッド・ジャンスタッド・ピエール・ブリソン / ボーヴェ

週末にはラグビーワールド杯準決勝。日本代表は南アフリカと、フランス代表はウェールズと対戦する。

ドラマ通の友人の話では、この夏の作品ではフジテレビ『ルパンの娘』(原作:横関大)が良かったらしい。不朽の名作『ルパン三世カリオストロの城』〈1979年公開〉に、かつて宮崎駿監督の愛車シトロエン2CVが登場する。


◆◆◆◆◆

パリの街中を疾走する2CVならばフレームに収めたことがあるので10年以上前の画像を引っ張り出した。やはり石畳の街並を走ってこそ絵になるレトロカー。フランス1664ビールの瓶に貼り付けた荷物タグとチケットは、アイルランドの格安航空会社ライアンエアの9116便に搭乗したときのもの。空港名はPARIS BEAUVAISと記されている。


◆◆◆◆

このボーヴァ空港だけでなく、格安の価格を実現するために、他の航空会社が敬遠するような市内から距離のある軍用機ご用達セカンダリー空港を使用する同社。しかしその安さはあまりにも魅力。利用回数が二桁を超えているのは間違いない。


◆◆◆◆

出国時市内からバスの乗車券を購入するのが常、正し入国後時間に余裕があったのでボーヴァ市内まで路線バスで移動してみた。市内を散策するとパリの喧騒を離れ良い雰囲気。


◆◆◆◆

フランス=パリではない。あそこだけ特別。穀物生産量ランキングに目を向けると世界第7位にトリコロール国旗。上位5か国は中米印伯露、インドネシアに次いでアルゼンチン、そしてフランスなので、国土面積との比率にすれば世界第二の農業大国。麦と野菜、酪農ならチーズを誰もが思い浮かべる。


◆◆◆◆

国鉄列車でパリに入ろうとしたが切符売り場はしまっており、マシンでは前の女性がイライラしている。列車が来てしまったのでは車掌に説明すりゃいいだろと乗車。パリ北駅には約1時間半で到着。距離にすると80キロ程度だったと思うが結局車掌も現れなかった。


◆◆◆◆

119景と120景の二本立て、そのボーヴァのスタッド·ピエール·ブリッソンとパリ市内16区にあるスタッド・ジャン・ブアンを取り上げる。

紙面は2017年3月31日リーグ・ドゥで20:00キックオフ、トゥールーズVSレッドスターFC93のプレビュー記事。写真の18番はチェニジア代表イドリス·ミルシ。30節終了時点で16位と17位の対戦。このシーズン、レッドスターは、スタッド·ジャン·ブアンを本拠地としており、プレス席に腰を下ろし撮影した写真。


◆◆◆◆

2部に残留できたが18-19シーズン降格。かつての名門は現在三部ナシオルに。このスタジアムでホームゲームを開催しているフットボールクラブはPSG女子のみ。