ぷら~り 欧州蹴球場百景【113】シュテディオン・ナ・シホチ/ トレンチーン

前景からカバー写真は田中梨瑚さん、女子高校生、未成年に、これまでのように酒瓶やグラスを握らせるのは御法度なので取りあえず弩アップを掲載。


◆◆◆◆◆

それでも紹介せずにはいられないのが麦酒の魔力。スロバキアの代表的なビール銘柄はCORGON。ニトラに行けばラベルと同じ石像が見れる。横紙面写真は白がASトレンチーン、水色がスロバン·ブラティスラヴァのユニフォーム。


◆◆◆◆◆

人口は43万人、オーストリアとの国境近くに位置する首都ブラティスラヴァからトルナヴァ(6万4千人)まで列車で30分。


◆◆◆◆◆

この7番目の都市を分岐点に東へ50キロ移動すれば同国第6の都市ニトラ(7万7千人)、北東85キロのところにはトレンチーンがあるので、まとめての観光をお薦めする。


◆◆◆◆◆

ハンガリー王国支配下の11世紀に建設されたトレンチーン城からの絶景は必見。オレンジ屋根の街並みに混じって眼下にはお目当てのスタジアムが。客席はメインスタンド側のみで収容人員は5000人。このユニークな照明の形状が印象に残った。撮影したのは2017-18シーズンの終盤4月22日。

◆◆◆◆◆

会場のスタッフに学生らしき若者が多いのは社会奉仕カリキュラムの一環か。レンズを向けると頼みもしないのにポーズをとってくれた。梨瑚さんも含め可憐な御嬢達のショットも散りばめた113景は、シュテディオン・ナ・シホチ。

◆◆◆◆◆

このシーズンのASトレンチーンは、約一ヵ月後の5月27日、ジリナとのプレーオフ·ファイナルに勝利しUEFAヨーロッパリーグ(EL)の予選出場権を手に入れている。創設は1992年。2014年からフォルトゥナリーグとカップ戦の二冠を連続で達成。2016-17シーズンも三連覇を逃したものの4位でフィニッシュしており、近年成長を遂げた新興クラブの印象が強い・・・ので昨季の11位は、ひと休み。

◆◆◆◆◆
前週の同カードはアウェーで首都の強豪に快勝、スコアは1-3。事前の地元紙記事を参考に自分なりの見どころを探る。