no-image

紀行文:ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第二話/全六話

  9月18日第7節は注目の日本人対決、少々変則ではあるが。VVVでコーチを務めるのは藤田俊哉。彼が筑波大からジュビロ磐田入りしプロデビューを飾った同年に生まれたとの世代格差。「トシヤさんは経験豊富なのでお話を聞いていて勉強になります。」と

  今春訪問したスロバキア、MSKジリナのシュタディオン内プレス室には、2008年UEFA杯アヤックス戦の写真パネルが飾られていた。ブレイク前のシーム・デ・ヨングを眺めていると地元記者に声を掛けられたので2003年のFCユトレヒト戦について自慢げに語る。
14)

【シュタディオン・ポド・ドゥベニョムのプレスルーム】

13)

 ジリナに詳しいものと勘違いされたようだが、藤田にとってUEFAコンペティションでのデビュー戦となったのがこのMSKジリナとの予選。その試合のみ記憶の欠片が脳内片隅に辛うじて残っていたのが真相なので、少々慙愧に堪えない。

toshiya
Photo by VI Images via Getty Images

Toshiya Fujita of FC Utrecht (L), Martin Durica (R) during the first round UEFA Cup match between FC Utrecht and MSK Zilina on September 24, 2003 at the Galgenwaard stadium in Utrecht, Netherlands.