ぷら~り 欧州蹴球場百景【32】ウェンブリー・スタジアム / ロンドン

冒頭でニワトリにふれたが、今回のキャッチ画像も何枚か成美さんを撮影した中から見事な「アヒルぐち」を採用した。先代のななせさんといい、今時の若い娘さんはこちらがリクエストしなくても上手にアヒルぐちの表情をつくる。


◆◆◆◆◆◆◆

そのたびに2015年フジ系月9枠で放送された古沢良太脚本の「デート〜恋とはどんなものかしら〜」で杏さん演じる依子さんの「怖くて笑える表情」が思い出される。昨年東京と欧州間を移動中に数多く鑑賞したなかで、かなり気に入った映画「TABLE 19」とこの「デート」の共通点。

それはデートでは主役の二人、19テーブルでは登場人物の多くが、最初はその奇行から鑑賞者は、共感できず、嫌悪感さえ抱く。ところが、物語が展開していく中で、一見理解されず誤解されてしまう行動の裏側にある優しさ、気遣いが徐々に明かされたり、また互いに感化され変化を遂げる。結末を迎える頃には、愛おしく思える存在となり、彼らの幸福を願い拍手を贈ってしまうのだ。


◆◆◆◆◆◆◆

欧州選手権が2020年にはこれまでの一国または二か国共同開催から、計13か国での分散開催となる。2002年当時、「こんなアメリカナイズされたのはウェンブリーじゃない!」と口を尖らせたデザインも、二年後決勝の舞台で新たな名勝負が生まれる頃には、愛おしく思えているかもしれない。【三十二景了】

(文/撮影:横澤悦孝 モデル:大山成美)