ぷら~り 欧州蹴球場百景【87】チュルク・テレコム・アリーナ/ イスタンブール


◆◆◆◆◆◆

今シーズンからスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」でトルコ1部リーグが視聴できるのでスポーツバーで長友の雄姿を観戦した。スタンドが映し出されると忘れていた記憶が徐々に蘇る。


◆◆◆◆◆◆

2011年にこのスタジアムが完成。「地獄へようこそ」の横断幕に始まりサポーターの怒号や罵声が地獄と呼ばれる所以だが、筆者に言わせれば交通アクセスの悪さが地獄。

◆◆◆◆◆◆

現在ならばメトロM2(緑)の本線に乗ればサナイ駅から枝線が一駅区間運航しているので乗り換えればよい。
2017年4月まで、サナイ駅からこのセイランテペ駅までの一区間を試合開催日に限って運休していた。人並に流されるまま地上に上がり、バス停で待ってみたがまったく来ない。渋滞に巻き込まれているのは容易に想像がつく。

◆◆◆◆◆◆

待ちくたびれて皆歩き出すので、同じ方向についていく。10分、20分と歩くがスタジアムらしき建物は見えてこない。結局30分以上かかって、漸くたどり着いた。

◆◆◆◆◆◆

昼間仕事で市内を散々歩き回って靴底を減らしていただけに、後半試合途中でアレーナを脱出し、バスの乗車に成功。宿の近くでefes(エフェス)を飲みながら、TV観戦していると画面の中ではポドルスキがロスタイムにゴールを決めた。店主が喜んでいるので、フェネルバフチェのサポーターかもしれない。


◆◆◆◆◆◆

さてビール王決定戦、トルコ代表は選択肢がない。この国でビールといえばエフェス。第60景で紹介した『ボモンティ』もエフェス傘下。この写真はウィーンで撮影したがフランクフルトでも飲んでいるのはドイツ工場で醸造された製品だろう。欧州国外、特に旧ソ連圏で人気。味はいたって飲みやすいピルスナー。