陽の森岡・陰の伊東、ビールの泡の向こう側に写る日本代表対決(写真画像39+1) 


◆◆◆◆◆

この日も12分にセンターライン上から供給されたボールは一瞬の煌めき放った。残念ながらヴィクター·オシムヘンはシュートまで至らずボールは相手ゴールキーパーの腕に納まる。


◆◆◆◆◆

今季ヴォルフスブルグから貸し出された20歳のストライカー。身体能力と将来性は認めるが、経験と技術不足は否めない。

◆◆◆◆◆

17分、森岡から出たボールを右足ダイレクト、しかしこれもキーパー正面。

◆◆◆◆◆

60分過ぎに森岡とアリ・ゴリザデが繋ぎ、フィニッシュはオシムヘン・・・・どうやっても決まらない。


◆◆◆◆◆

前節は左、この日は右の翼を担ったイラン人も今季加入した22歳。


◆◆◆◆◆

負傷で断念せざるを得なかったアジアカップ。特に目立ったパフォーマンスはなくともこの88番、スピードと巧さはアジアならば屈指のレベルか。
◆◆◆◆◆


◆◆◆◆◆