テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Jリーグ 第30節 横浜マリノス vs セレッソ大阪

 前半の32分。セレッソ大阪の陣内深くに進入した横浜マリノスですが、ゴール前が空いていないと見るや、バイタルエリアに一人陣取っていた10番の中村俊輔に一旦ボールを戻しました。

 中村俊輔は即座にシュートを選択するも、ボールはゴールの枠を捉えませんでしたが、鋭いシュートでした。
彼はキックの精度という武器を持っているだけに、セレッソ大阪からすれば、あわやといったシーンだったでしょう。

 ただ、ここで観るべきは、その前の中村俊輔の動きです。

 彼は以前にスコットランドのスコティッシュプレミアリーグで年間MVPを取っており、これは、どんなに頑張っても、キックの精度だけでは取れないのです。

 さて、その動きですが、セレッソ大阪ゴール前に、雪崩れ込むように進出した横浜Mの選手たちの中で、一旦壁になってワンツーを返した中村俊輔は、一人だけバイタルエリアに留まったのです。
そして、戻されたボールをシュートにいったわけですが、本来の狙いはむしろ、こぼれて来たボールにいち早く届く位置にいることであったように思います。
 ですから、セレッソ大阪のクリアを封じる役目も兼ねており、味方が戻そうが、ボールがこぼれて来ようが、結局はシュートを打ったのです。

 30分にはセレッソ大阪13番の南野拓実が右サイドでボールを奪い、そのままショートカウンターを繰り出しましたが、これは横浜MのDFに阻まれてゴールならず。
 ただ、このとき、同33番のカカウが恐ろしいスピードでゴール前へと詰めていましたので、1点を奪取してもおかしくありませんでした。

 横浜マリノスはその後も中村俊輔を起点にC大阪陣内へと攻め込みますが、ゴールを奪うことは出来ず。

 これに対してセレッソ大阪は、コーナーキックに23番の山下達也がDFとやり合いながらも飛び込み、強烈なヘディングシュートを放ちましたが、惜しくもポストへ嫌われました。

 中村俊輔はこのとき、自陣のゴールライン上におり、一番危険なところを塞いでいました。ヘディングシュートはセレッソ大阪の選手に当たった為にコースが変わり、結局のところ、意味がないように観えますが、彼は、そういった、危機察知能力も図抜けており、ボール扱いだけと揶揄された選手ではなくなりました。

 その後もセレッソ大阪がロングシュートを放てば、横浜マリノスも11番の斎藤学がセレッソ大阪ゴール前でドリブルを仕掛けたり、とてもスピーディでダイナミックな試合でした。

By | 2017-04-21T21:52:30+00:00 11月 2nd, 2014|Categories: J1リーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

広島県在住 / 30代 / 趣味:音楽鑑賞・読書・散歩・仕事 / サッカー歴: 小学校からサッカーを始める。高校時代も含め、かなり本腰を入れていた社会人チームに在籍していた。小学生チームの監督経験もあり。その際は、一度も大会に出たことがなく、サッカーチームもなかった子供達に、優勝と三位という成績をプレゼントして頂いたことがあります。

Leave A Comment