テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

【図解】バイエルン不振の原因は? 〜ヴォルフスブルクとシャルケ戦〜

 1月25日から再開したブンデスリーガで、少し世界を驚かせる2試合があった。ヴォルフスブルクがバイエルンに4−1で勝利した試合と、シャルケがバイエルン相手に1−1のドロー。しかもバイエルンの選手が1人退場になるなど、前半戦無敗だったバイエルンを慌てさせる展開となった。

この2試合にはある共通点があった。そして世界最高の監督と呼ばれるペップにしては、何とも考えが読み取りやすいシステム・選手配置を敷いていた。そこから読み取れるバイエルンのジレンマ・・・。悲願のブンデス、DFB、CLの3冠は叶うのだろうか。

☆バイエルンで起こったプレス問題

 まず後半戦開始後1発目の試合となったバイエルンとヴォルフスブルクの一戦から。バイエルンは普段通り4−1−4−1のシステムで臨んだ。試合開始から終了までを通して、バイエルンに何か変化があったとは思わない。戦術にも大きな変更点は無く、前半戦同様のパフォーマンスと思われた。
ただ、唯一気になったポイントがあった。ヴォルフスブルクがバイエルンのプレスをかわすシーンが目立ったのだ。バイエルンにボールを支配される事を分かっていたヴォルフスブルクは、カウンターから勝機を見出そうと奮闘していた。
いつものバイエルンであれば、ボールを失っても素早いプレスで奪い返してしまうものだ。しかしこの試合では、ヴォルフスブルクにたびたびカウンターを許す展開となった。バイエルンの守り方は何ら変わっていないが、プレスの強度だけは落ちていた。しかし、これに関してはある程度予想できていた事だった。

 というのも、試合はウインターブレイク明け1発目。コンディションにバラつきがあってもおかしくはない。バイエルンは昨季のウインターブレイク中にも親善試合ながらザルツブルグに0−3で敗れており、今季も似たような事が起こるかもしれないとは感じていた。
プレスは11人全員でおこなうため、コンディションにバラつきがあっては統率しづらくなる。しかもペップのポゼッションサッカーには圧倒的なプレスが必要不可欠なのだ。では、プレスが甘いとどうなるのか。

 ペップが指揮してきたバルサ、バイエルンには共通の特徴がある。それはディフェンスの1番手をアンカーが務めるケースが多い事だ。バイエルンはインサイドハーフのアラバとシュバインシュタイガーも攻撃的に振る舞うため、ボールを失った時にプレスをかけるのはアロンソの役割となっている。
アロンソのプレスで攻撃を遅らせ、一気に取り囲んでボールを奪いに行く。ところがヴォルフスブルク戦では、アロンソの寄せに対して周りの反応が遅かった。アロンソは単独で釣り出されたような形になり、ヴォルフスブルクにカウンターを許す展開となった。
アロンソの後方にはCBしか残っていないため、アロンソがかわされればビッグピンチになる。ヴォルフスブルク戦もシャルケ戦も被カウンター時には必ずアロンソがかわされている。それだけアロンソの役割が大きいという事だ。バルサの場合もブスケツがファーストディフェンスを仕掛ける点で同じだ。

 ただ、バルサに比べるとバイエルンの方がプレスに強度があった。守備をサボる者はいないし、ペップのサッカーを体現するにはうってつけの環境だったはずだ。そんなバイエルンで起こったプレス問題・・・。ペップはこれをどう捉えていたのだろうか。
バイエルンはバルサと違って前線にパワーのあるレヴァンドフスキやミュラーを配置しているため、ペップのサッカーにしては珍しくロングフィードを蹴るパターンもある。相手にカットされる場合もあるが、それを持ち前のプレスの強度でカバーしていたのだ。
強固な守備があるからこそ大胆な攻めに転じる事が出来る。ペップには新たなポゼッションサッカーの感覚が芽生えていたはずだ。それだけに、ヴォルフスブルク戦での4失点は精神的に堪えただろう。

About the Author:

大阪府在住 / 20代 / 趣味:サッカー観戦、カラオケ / サッカー歴:中学2年よりサッカーを始める。人生初の試合が0-12、チームとしてのシュート数0と歴史的な大敗となり、カルチャーショックを受ける。それ以降なぜ0-12で負けたのかを研究するようになり、気付けばサッカーオタクとなっていた。

Leave A Comment