テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Jリーグ2018開幕 今季のブレイクは誰だ!?

 ハリル好みの刈れて動けるボランチ手塚。昨シーズン大怪我を追ったが今春には復帰が見込まれている。
また、手塚の持ち味は三列目から長短を織り交ぜたパスを供給できるところだ。現代の司令塔と呼べる存在だ。その左足から強烈なミドルもある非常に万能な選手である。
手塚にとって、前線で身体が張れるクリスティアーノ、逆サイドにスペースをうまく使える伊藤順也もがいることも大きい。この2人がいることでパスの選択肢も増え彼の正確無比な左足が効力を増している。
ただ、手塚は劣勢を強いられたゲームで消える場面が多くある。相方の大谷が身体を張っているところを見ると余計に消えているのがわかる。そんな試合展開でも試合を打開するパスを供給し、身体を張った守備ができるか今シーズンの課題だ。

中谷進之介 柏レイソル

Embed from Getty Images

 今回の記事に中谷を載せることは失礼に値するかもしれないが、更なる期待を込めて取り上げていきたい。
今やレイソルのDFリーダーで欠かせない選手となった。昨シーズンはポドルスキとのマッチアップでもほぼ完璧に抑え、ポドルスキのフラストレーションを溜めるまでに制圧した。粘り強い守備だけでなくスペースをカバーする能力も向上した。
後はゲームを見越したラインコントロールがどこまで上がるかだ。レイソルの試合は乱打戦になることも多くある。中村航輔のセービングに助けられることも多い。劣勢になるとDFラインが下がりすぎ、相手にスペースを与えてしまうのだ。そんな時こそラインを高く保て、裏のスペースのケアができるように中谷がコントロールできるか彼の今後の成長に掛かっている。

初瀬亮 ガンバ大阪

Embed from Getty Images

By | 2018-03-07T08:10:05+00:00 3月 7th, 2018|Categories: J1リーグコラム, コラム|Tags: , , , |0 Comments

About the Author:

Soccerlture 編集部
Soccerlture編集部です。

Leave A Comment