テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ポルディは何処へ行く?ワールドクラスのFW獲得を巡るポーカーの勝者は誰か?

 夏の移籍期間も後一週間足らずで締め切りとなる。
アーセナルもまた、積極的に動いているチームの一つだ。その中で、俄かに身辺が慌しくなった選手がいる。

ワールドカップで優勝を果たしたドイツ代表FW、ポドルスキだ。

2012年7月に古巣である1.FCケルンからアーセナル入りしたポドルスキは2016年までの長期契約を結んでいたが、初のシーズンは33試合に出場していたものの、昨シーズンは出場試合は20試合に留まり、フル出場はその中でも5試合のみと減少していた。
更に今シーズンはチリ代表FWのアレクシス・サンチェスも加入した結果、出場機会は更に減ることが予想されていた。実際、彼は開幕の二試合でベンチ外となっている。
 
 彼はこれまでも、
『もちろん常に60分、70分でピッチを離れるような状況はうれしくないよ。途中出場も同じだ。決定権は監督にある。ビッグクラブでプレーするのは簡単なことではないんだ』、
と話してはいるものの、基本路線はアーセナル残留の方向にあったが、さすがにこの事態には不満を抱いたようだ。現状で彼に興味を抱いているクラブは3つあるといわれている。一つはイタリア・セリエAを三連覇したユベントス、そしてドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルグとバイヤー・レーバークーゼンだ。ユヴェントスは三連覇にELでの準決勝進出で資金には余裕があり、ヴォルフスブルグはバックボーンであるフォルクス・ワーゲン社の潤沢な資金を持っている。レーバークーゼンも補強資金はまだ残っていると思われるだけに、移籍に関しては完全に彼の判断に任される状態だ。しかし、ここに来てフランス代表FWのジルーが全治三ヶ月という大怪我を負ってしまった。
 
 残留か、それとも移籍するのか。ポルディ王子の決断や如何に?

By | 2017-04-21T21:52:47+00:00 9月 3rd, 2014|Categories: コラム, プレミアリーグコラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment