テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

AFCチャンピオンズリーグ 決勝 第1節 ウェスタン・シドニー vs アル・ヒラル

 さて、AFCの決勝戦第1節ですが、ウェスタン・シドニーはつい最近まで小野伸二がいたチームで、小野が加入する前はまだ弱小の部類に入るチームでした。

 そんなチームも遂にAFCの決勝戦を戦えるまでになったわけですから、小野の功績も大きかったのでしょうし、彼が抜けただけで、やっているサッカーが全く違ったものとなっています。

 前半は両チーム共に0-0で折り返したのですが、試合が動いたのは後半の19分でした。バイタルエリアでボールを持った7番のラビノット=ハリティが左サイドを上がっていた35番のアントニー=ゴレクに叩き、そのアントニー=ゴレクがダイレクトで相手GKとDFの間へセンタリングを上げたところに、9番のトミ=ユリッチが飛び込み、ダイビングヘッドでゴールに叩き込みました。

 このとき、二人のDFはボールだけを見ていた為に、後ろから迫って来るトミ=ユリッチに気が付いておらず、それどころか、センタリングのボールが落ちる瞬間は止まってしまっていました。
 これはボールウォッチャーと言われていますが、中東のクラブチームには多く見られることです。

 ウェスタン・シドニーは勿論、こういったデータを持っていたでしょうし、狙ったプレイだったのでしょう。

 サイドからゴール前にボールを上げれば、ボールしか見ない選手の場合、ゴール前に進出して来る選手は見えず、成功率が高いプレイとなります。
 もしこれが、センターからのボールであれば、たとえボールしか見ない選手でも、前からやって来る選手の動きは見えることとなりますので、成功率は下がるでしょう。

 しかし、ホームでの試合ということですから、ウェスタン・シドニーは、何とかもう1点取っておきたかったところです。それが出来なかったのは、特に前半は、試合の主導権をアルヒラルのほうが握っていたからです。攻撃は最大の防御。という言葉もあるように、後半は受け身になった為、DFの拙さを付かれて失点してしまったのです。

 前半の守勢をよく凌いだウェスタン・シドニーのDF陣との差が出た試合でした。

 アル・ヒラルもう勝つしかないですから、アゥエーの次節はより一層攻勢を掛けることが予想されますし、中東勢の攻撃を凌ぎ切ることは容易ではありませんので、ウェスタン・シドニーが勝つ為には、守備を固めつつも、とにかく相手のGKとDFの間にボールを入れて、飛び込むことが一番でしょう。

About the Author:

広島県在住 / 30代 / 趣味:音楽鑑賞・読書・散歩・仕事 / サッカー歴: 小学校からサッカーを始める。高校時代も含め、かなり本腰を入れていた社会人チームに在籍していた。小学生チームの監督経験もあり。その際は、一度も大会に出たことがなく、サッカーチームもなかった子供達に、優勝と三位という成績をプレゼントして頂いたことがあります。

Leave A Comment