テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ビディッチも復帰?なりふり構わぬマンチェスター・ユナイテッド

 契約満了に伴い、マンチェスター・ユナイテッドを離れ、イタリアのインテル・ミラノに移籍した元セルビア代表ディフェンダーのネマニャ・ビディッチ。そんな彼を再びマンチェスターの地に呼び戻そうという話が進行しているようだ。

 マッツァーリ監督率いるインテルでは、守備の立て直しという大役を託され、ここまで8試合に出場しているものの、その期待に応えているとは言い難い活躍から、批判の矢面に立たされており、今冬でのインテル退団を考えてるといわれていた。

 そこに目をつけたのは、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドである。

 ここまで守備陣の大量離脱による守備の崩壊で、新たな守備的な選手の補強が急務とされおり、ファン・ハールはもし可能であれば来年6月までのローン移籍を望んでいるようだ。

 プレミアのサッカーを熟知しており、古巣でもあることから、両者の思惑は合致しており、冬の移籍市場開幕早々にも成立しそうだ。

 また、布陣の変更からウィングの選手を集めるとも言われており、今シーズンは古巣であるスポルティング・リスボンへレンタルされているポルトガル代表MFのナニも今冬に呼び戻すのではないか、という噂もまことしやかにささやかれている。

 ナニのローンは今夏に移籍が成立したロホの移籍に対する交換の意味合いもあるため、仮にこの復帰が実現した場合、スポルティングに対して保証金が支払われる模様である。

 しかしながら、新規に選手を獲得するよりははるかに安価であることを考えると、ナニの復帰は充分に有り得ると考えられる。

 考えうる全ての手を打ってでも更なる選手の獲得に躍起になっているファン・ハール監督だが、その結果、最終的な順位がどこになるのか、見物である。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment