テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

アーセナルから「助っ人」としてシュツットガルトへ加入した浅野拓磨が迎えるFW陣の熾烈な争い

 2018年に開催されるFIFAロシアW杯の出場権を争うアジア最終予選。ホームで迎えた初戦のUAE戦でまさかの敗戦を喫した日本代表。

 そんな中、グループ内ではFIFAランク120位と最も低いタイと対戦。実力に差があったとはいえ、アウェイの灼熱の地で0-2と最終予選初勝利を挙げた日本。貴重な追加点はW杯予選初先発に抜擢されたチーム最年少21歳のFW浅野拓磨が奪い、期待に応えた。

 そんな浅野は今夏、J1・サンフレッチェ広島からイングランドの強豪アーセナルに約5億円の移籍金で完全移籍。ただ、英国の就労ビザの認可条件をクリアできず。8月26日にドイツ・ブンデスリーガ2部に所属するVFBシュツットガルトへの1年間のレンタル移籍が決まった。

2部とはいえ、”古豪”の名門で迎える定位置争い

 これまでブンデスリーガ1部を5度制したシュツットガルトは2006-2007シーズンにも優勝を果たした名門。昨季1部・17位で終わった事で41年ぶりの2部降格を喫したが、これまでFW岡崎慎司(現・レスター・シティ/イングランド)やDF酒井高徳(現・ハンブルガーSV)も在籍し、今季からはMF細貝萌も加入した日本人にも馴染みの深いクラブだ。

 ブンデスリーガ2部は1部と同じく18チームでホーム&アウェイ戦を戦う全34試合制。1部昇格への条件は、自動昇格となる2位以上か、3位に入って1部・16位チームとの昇降格プレーオフを制する事が条件となる。

 名門であるシュツットガルトとしては自動昇格となる2位以上、出来れば2部優勝を勝ち取りたいシーズン。そんなシーズンは2勝1敗で8月を終え、最初の代表戦による中断を迎えていた。

 そして、8月いっぱいで締め切られた移籍市場終盤で浅野を獲得すると、チームは他にも実力者を補強。特に攻撃陣は2部とは思えない戦力を揃える事になった。

昨季2部得点王&ポルトガル名門の”最新作”

 まず開幕から実質1人で最前線を引っ張っていたのは、今季から加入したFWシモン・テローデ。192cm83kgという長身と強靭なフィジカルを活かし、クロスをゴールに叩き込む典型的なドイツ人FWだ。

 昨季所属したVFLボーフムでは25得点を挙げてドイツ2部の得点王となった28歳の彼のキャリアは完全に遅咲きの苦労人で、出場機会を得るようになったのは24歳になった頃から。

 1部での実績がほぼ皆無に等しいながら、2部では158試合の出場で65得点の実績を残す彼は、41年ぶりに降格した古豪にとっては2部リーグの案内人役にもなる貴重な存在だ。

 そして、浅野の加入後となる移籍市場最終日の8月31日、電撃的に加入が発表されたのがポルトガル人のカルロス・マネ。ポルトガルの強豪スポルティング・リスボンから1年間のレンタル移籍での加入で、浅野と同じく今夏に開催されたリオディジャネイロ五輪にもポルトガル代表として3試合に出場した22歳の逸材だ。

 ポルトガル国内だけでなく世界的に高い評価を受けるスポルティングの育成機関からは特に、サイドを切り裂く個人技に長けたウインガーを輩出し続けている。ルイス・フィーゴやナニ(バレンシア/スペイン)はもちろん、あのクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/スペイン)をも輩出して来たポルトガルの名門が放つ“最新作”が、このマネだ。完全移籍で獲得するために設定された違約金は70億円以上という数字が、そのポテンシャルの高さを物語っている。

 テクニックよりも爆発的なスピードでサイドでの1対1を制し続けるドリブル突破が最大の武器で、フィニッシュに直接持ち込む事もできる得点力も兼備。そのため、ウイングだけでなく2トップ採用時にはFW起用もありえる。浅野のライバルになる可能性もある。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment