テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

少年団?クラブチーム?スクール?その選び方とは?

 一方のクラブチームはそのほとんどが、サッカー経験のある有資格者である。
少年団では、週末にボランティアとして教えるコーチがほとんどだ。
一方のクラブチームは、平日や週末に仕事としてサッカーを教えるコーチが多いと言える。
サッカースクールのコーチ達も基本的にはサッカー経験のある有資格者で仕事としてサッカーを教えている。
その点はクラブチームと同じであろう。
もちろん、少年団にも実績のあるコーチは数多くいる。
しかし、その割合はスクールやクラブチームに比べると少ないのが、少年団のデメリットといえる。
また、そのほかに少年団とクラブチームの違いがあるとすれば、「出場可能な大会」だ。
小学生年代で1番大きい、全日本少年サッカー大会は日本サッカー協会に登録されているチームであれば、少年団であってもクラブチームであっても出場できる。
しかし、中には、少年団大会やクラブユース選手権といった、少年連盟やクラブユース連盟に加盟しているチームのみを対象とした大会もある。

 まとめると、少年団やクラブチームの違いは、「保護者の負担」の部分と「コーチの専門性」、そして出場可能な大会の種類である。少年団のメリットとしては、やはり会費が安いことにあるだろう。
ただ、その分、保護者の負担は増え、コーチも専門的なコーチがいる割合はクラブチームに比べると劣ってしまうことが多い。
一方のクラブチームはお茶当番の必要性がなく、コーチの専門性も高いことがメリットだ。

 サッカースクール、少年団、クラブチームと様々あり、メリット、デメリットもある中で「どれを選ぶか?」の判断基準は「その組織に何を求めるか?」であろう。
お茶当番や車出しが大変な少年団は、小学校など地元の施設を借りやすいというメリットもある。
また、試合の時以外でも車出しをすることが多いため、保護者同士の交流も生まれやすい。
もちろん、クラブチームでも試合の時は車出しをすることは多くあるが、その頻度は少年団ほど多くないのが一般的だ。
スクールに関しては、保護者同士の関わりがほぼないスクールもある。
保護者の負担やコーチの専門性、公式戦の有無や出場する大会の種類など、これら3つには大きな違いがある。
いづれにしても、サッカーをするには多かれ少なかれ、お金と時間がかかることは間違えない。
今後、サッカーを始めようと思っているお子さんのいる親御さんは、その組織に「何を求めるか」を重視して判断してもらえればと思う。いずれにしても子供の「サッカーライフ」がより充実して楽しいものとなるように色々と比較、検討して慎重に判断してもらえれば幸いです。

By | 2017-12-21T09:54:29+00:00 12月 21st, 2017|Categories: コラム, その他コラム|0 Comments

About the Author:

1995年8月31日生まれ。埼玉県在住。大学では経済学とスポーツ経営学を専攻。サッカープレイヤー歴は13年で、最終所属チームは、2016年埼玉県社会人サッカーリーグに所属。最終所属チームには2015年9月から2017年1月まで在籍。Jリーグ、高校サッカーや社会人サッカーを含め、年間50試合以上観戦。Jリーグはもちろん、サッカーのビジネス面やJFL、また地域リーグについても関心がある。

Leave A Comment