テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ファン・ハールのつくるユナイテッド

 類稀なる戦略家としての手腕を見せつけたルイ・ファン・ハール。W杯でオランダ代表を率いた彼が、コスタリカ戦で見せたGK交代劇。それまでゴールマウスを守っていた、正GKシレッセンはピッチから下がった際、不満を露わにした。だが、この交代指示は的中した。代わって出たクルルは、素晴らしい反応を見せ、二度シュートをセーブ。オランダの準決勝進出を掴み取った。「私は私が正しいと思ったことをする」これが彼のコンセプトである。

 そんな彼は間もなく新シーズンを迎えるプレミアにおいて、名門マンチェスター・ユナイテッドの指揮をとることとなる。昨季、モイーズ監督の下、散々な成績で終わったクラブ。再びマンチェスターの地で、トロフィーを手にサポーターと喜びを分かちあえる日はくるか。オランダ人新監督にその期待がかかる。

ファン・ハールは他クラブで幾度となく、フロントや選手と衝突してきた。彼のとる姿勢は、まさに「ミスター高慢」といったところだろうか。自分の持つ主義を決して曲げない。そしてそれが周りに受け入られないのならば立ち去る。彼はそういう男だ。

 しかし、今回そう簡単に立ち去るわけにはいかないだろう。フロントはかつてない程の資金を注ぎ込み、彼にクラブ再建を委託。今回のマーケットでは多くの人員整理が予想される。
現にイングランドの左SBをむこう十年は任せられると目されるルーク・ショウや、リーガで中央のMFポジションを幅広くこなしてきた、アンデル・エレーラを既に獲得。まだまだ他の選手の獲得にも乗り出すであろう。チームの大規模な人員整理が予想される。

 私は彼の愛弟子ファン・ペルシー、チームの大黒柱ルーニー、GKデ・ヘアは確実に残留し、チームを牽引すると思われる。が、他の選手たちはどうだろうか。スター特有のエゴや、派手な私生活、奇抜な髪形に至るまで・・・、そういった浮かれた選手を彼は好まない。彼が必要とするのは、彼を尊敬し、ただ忠実にサッカーに集中する選手なのである。
 果たして新シーズン、ピッチに立つ選手たちの顔ぶれはどうなるのか。名門クラブの再建は成るのか。多くのフットボールファンを熱くさせる新シーズンの開始はもうすぐだ。

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment