テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

浦和、来シーズンのACLを見越した補強に着手。第一弾は橋本&武藤

 J1で熾烈な優勝争いを続けている浦和レッドダイヤモンズ。

 来年訪れるアジアでの戦いに備え、早くもチーム編成に着手しているようだ。

 その第一弾として、柏レイソルのディフェンダー橋本和と、ベガルタ仙台のフォワード武藤雄樹に正式オファーをしているとの報道が出ている。

 橋本選手は独特のドリブルとスピードで柏の左からの好手を支えており、
 武藤選手は最近売り出し中のマルチロールが売りの万能型の選手である。

 しかしながら、橋本選手を入れる場所はおそらく左のウィングバック、もしくは槙野不在時の左ストッパーとなるだろうと予想されているが、使えるのが左足だけであるというのは大きな問題になりそうだ。

 特に今年で宇賀神選手が大いに伸びているだけに、ローテーションで上手くまわせるのかが鍵になりそうだが、ペトロビッチ監督自身もローテーションが上手い監督ではないということもあり、心配な点である。

 また、武藤選手に関しても、能力はあるものの伸び悩んでいる感を受けるのが気になる上に、同じく仙台から獲得した関口選手と同スタイルであるというのが気にかかるところだ。

 関口選手は結局、チームスタイルに馴染むことが出来ず、今シーズン限りでの放出が噂されているが、彼もその二の舞にならなければ良いのだが……

 また、仙台でもスタメンを確保していた選手ではなく、浦和ではそれが一層その機会がないだけに、一層心配なところではある。

 どちらも補強ポイントという意味では合致しているだけに、両者の補強がなされれば大きな戦力アップにはつながるだけに、今後どのような補強がなされるのかにも注目したい。

By | 2017-04-21T21:52:24+00:00 12月 1st, 2014|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment