スターティングメンバー

GK:櫛引政敏(鹿島)
DF:岩波拓也(神戸)、植田直通(鹿島)、室屋成(明治大)、亀川諒史(福岡)
MF:遠藤航(浦和)、原川力(川崎)、中島翔哉(FC東京)、矢島慎也(岡山)
FW:久保裕也(ヤングボーイズ)、オナイウ阿道(千葉)

日本3-0イラン

 まずはこの試合の選手の総評をしていきたい。

及第点以上

櫛引 日本の完封勝利に大きく貢献。裏のスペースのボールへの反応もよく、安定感もあった。キックの精度も高く、この日の櫛引はゾーンに入っていた。
中島 この試合のマンオブザマッチ。前半から延長後半まで足が止まることなく攻守に走り続けた。守備に回る機会が多かったが延長後半には試合を決める2ゴール。延長後半であのシュートが打てたことは素晴らしい。
豊川 後半からピッチに入りゲームの流れを変えた。延長前半には決勝点を決めるなど存在感を放った。
室屋

主に守備に貢献。体を張った守備で1対1にも負けなかった。試合が進むにつれ、攻撃参加も増え、豊川のゴールをアシストしたクロスは完璧だった。

及第点

植田 中2日の疲れがあったのだろうか。体が重そうに感じられた。空中戦での強さは見られたが、流れの中では相手のFWに交わされる場面もあり、安定感はなかったが完封勝ちを収めたことで評価。前線へのフィードも課題を残す。
岩波 前半の相手に抜けられたシーンはあわや失点に繋がる場面であった。何度かいいサイドチェンジのボールを供給したが楔のパスはあまり見られず。こちらも植田同様、完封勝ちしたことは評価。
遠藤 素早い寄せで相手の中盤と戦い続けた。ただ、攻撃に絡む機会が少なく、良いリズムを作ることができなかった。
原川

持ち味である攻撃面が発揮できなかったが、守備では遠藤とともに相手の中盤と戦い、120分走り続けた。プレースキックはもう少し期待したい。
久保

前線で孤軍奮闘していたが仲間と呼吸が合わないで孤立する場面も多かった。ただ得点への意識は感じられたし活性化しようとしていた。交代は少し可哀想であった。
浅野 得意の裏に抜ける動きで相手を翻弄。ただ、いくつかあった決定機をものにしたかった。