FIFA女子ワールドカップが終わった。
結果は残念だったが男子とは違う感動を多くの人にもたらした。

そしてサッカーシーズンが一区切りがついた今、
今回は一本の映画を紹介したい。
是枝裕和監督の『海街diary』。

カンヌ国際映画祭にも出品され話題にもなったのでご記憶の方もいるかもしれない。
さてそうして映画を何故このコラムで紹介するかというと・・・。

その前に簡単にストーリーを。

鎌倉に三姉妹だけで住んでいるが、山形にいる実父の訃報が突然届いた。
葬儀に参加した時、父に腹違いの妹がいることを初めて知った。
詳しい事情を訪ねてみると、父は3度結婚しており、その妹は2番目の妻の子。
明らかに現妻との仲は悪かった。
見かねた長女は鎌倉に来ないかと誘ったら、即答で行くという。
そして4人の新しい共同生活が始まる。