テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

あのあの悪夢のオリンピコから2週間

イタリアでは衝撃的に伝えられ、あるクラブのVIPはローマとユベントスの敗戦を、
「イタリアでプレーする選手の価値を価値を14分の1にしてしまうんだよ」、
と言ってのけた。

 どのような計算方法でこうした数値が出るのかは確かではないが、UEFAランキングで軒並みそうした傾向が表れていることは確かである。

 このグループステージの進捗を見ると試合はバイエルンはともかく、ローマもノックアウトステージへの可能性は高い。だからこの試合は目的はローマとっては恥ずかしい試合をしないこと。

 バイエルンにとってはまかり間違っても取りこぼしはしないことである。

 とくにローマは前回攻撃的なバイエルンたいしてまともにぶつかっていったために、とんでもない返り討ちを食らってしまった。

 二度も同じ過ちは許せない。

 ローマは4-4-2の布陣で最終ラインは高く、前の2枚はセンターサークル付近に陣取り、かなりコンパクトにバイエルンに対峙し、とにかく失点を防ぐ戦法に出た。

 こうなるとバイエルンはこのローマの壁をどうやって剥がして、穴をこじ開けるかということに対戦の興味は絞れれた。

 ただこうした時にドリブルでカット・インして果敢にチャレンジして相手守備陣に混乱を恐怖を植え付けるロッペンが腹痛で欠場であった。

 ローマ陣地でバイエルンがボールを回す展開が続いたが、

 38分ボアテングのロングパスがリベリに入るといったんアラバに、そしてまたリベリが受け見事なワンツーでローマをこじ開けた。

 本調子でないとはいえ、さすがリベリ、ロッペンがいないときはこの男がいる。

 64分に追加点を決めたバイエルンはクリーンシートでそのまま勝利。決勝トーナメント進出を決めた。

 ところでカルシア監督が守備から試合に入ったのはとても理解できるが、スタメンに前節得点を取るなど気を吐いた、ジェルビーニョを起用しなかったことは何を意味するのだろうか。

 いずれにしても両者とも無難に終えた面は否めない。なるべく消耗を避けようとして、たとえばバイエルンはラーム、アロンソ、アラバを途中で下げてしまった。

 ただリベリがフルで使えることがわかり勝利とともにこのことも大きな収穫でなかろうか。

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment