テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

京都サンガFCに関西大学から2名が加入

 京都サンガFCに、関西大学サッカーを代表する二人の加入が発表された。

 関西大学は関西学生サッカーリーグ1部に所属する強豪だ。

 
 ジュビロ磐田の金園英学、ガンバ大阪の岡崎健哉をはじめ、30人以上をプロに輩出している。
 
 その関西大から京都サンガFCに加入した一人目は内田恭兵だ。サイドバックを主戦場としている。左右サイドをプレーできる。なかでも、特徴は攻撃。タイミングの良い飛び出し、そして正確無比なクロスボール。リスク管理をしっかりと行っており、無暗に上がるわけではない。時には、ウイングの位置まで上がることもあり、攻撃に厚みを加えることが出来る。

内田恭兵プロフィール
■生年月日:
1992年11月5日
■出身地:
静岡県三島市
■身長/体重:
171㎝/63kg
■ポジション:
DF
■利き足:
右足
■サッカー歴:
ACNジュビロ沼津 ⇒ジュビロ磐田ユース ⇒ 関西大学体育会サッカー部
(京都サンガFC、HPより)

By | 2017-04-21T21:52:20+00:00 12月 27th, 2014|Categories: 未分類|0 Comments

About the Author:

京都府在住 / 20代 / 趣味:音楽鑑賞とスポーツ観戦、写真撮影 / サッカー歴:幼稚園年中から中学校三年までサッカーを行う。大学に入学し大学サッカーを中心に取材。年間大学サッカー含め、100試合以上は観戦している。

Leave A Comment