テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

本田を巡るポーカーは続く?プレミア2クラブは未だ諦めず!

 今やACミランで欠くことのできない重要なピースとなった本田圭佑。ここまで4得点2アシストと全試合で得点に絡んでいるのだから、それも当然の話ではある。そんな彼に今も熱視線を送っているチームがある。

 イングランド、プレミアリーグのエバートンとトットナム・ホットスパーズの2チームだ。

 CSKAモスクワに在籍していた当時から狙っていたといわれているこの2チームだが、ミランが年棒270万ユーロでのオファーだったのに対し、400万ユーロを提示して獲得に乗り出していたという。もっとも、その時点では既にミランと同意しており、彼らのオファーは袖にされたのだが。

 今となっては、当時ミランがCSKAに提示したという移籍金1000万ユーロではとてもではないが移籍させることもないだろうし、ミランもそれを絶対に阻止に動くだろう。

 また、年齢的にも今以上のチームへ移籍するということ考えにくく、クラブの格やネームバリューをい考えても、これからプレミアへ移籍するということは考えにくい。クラブランキングでもミランのほうが未だに上に居るのだし、そもそも、本田自身が金で動くという性格ではない。いくら資金力があったとしても、このオファーは出したところで無駄に終わるだろう。

 ただ、以前にもカカやイブラヒモビッチ、チアゴ・シウバなど、チームに欠かせない人材も、高額な移籍金に目が眩んで売却している過去があり、油断は出来ないが、少なくとも現状で本田を売却するということは無いだろう。

 今後の活躍で彼の資産価値が上がれば、念願のスペインからのオファーもあるかもしれない。今季の好調を今後も維持できれば、道は開けてくる。本田の今後を注目していこう。

By | 2017-04-21T21:52:34+00:00 10月 19th, 2014|Categories: コラム, セリエAコラム, 移籍情報|Tags: , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment