テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

トットナム、セルタのデンマーク代表MFを狙う?

 セインツからポチェッティーノ監督を招聘、今シーズンも大型補強を敢行したものの、現在6位に留まり、来シーズンもELへの出場となりそうなトットナム・ホットスパーズ。

 今シーズンの反省を踏まえた上で、夏の移籍市場での補強につなげる模様だ。

 既に多くの選手獲得の噂が立っているのだが、その中でもポチェッティーノ氏が獲得を求めて止まないのが、現在スペイン、リーガエスパニョーラのセルタに所属しているデンマーク代表MFのミカエル・クローン=デリ選手だ。

 170センチと大きい選手ではないが、無尽蔵のスタミナで中盤を走り回り、ボール保持能力にも優れるセンターハーフだ。

 かつてセルタで同僚であった、現在セヴィージャ所属のイアゴ・アスパスが、
『セルタが素晴らしいプレーを見せられたのは彼のおかげ』
と絶賛しているが、その時のプレイですら全力ではなかったのではないか、と評するほどの能力を秘めている。

 31歳とけして若くない選手だが、未だに成長を遂げている、とアスパスは評しており、セヴィージャのモンチSDに獲得を依頼しているようだ。

 このデンマーク代表MFを狙うのはこの2チームだけではなく、ヴィジャレアルやマラガといったチームも興味を示しているようだ。出来れば来シーズンもセルタでのプレイを見たいところだが、同チームは契約の延長に動かない方針のようなので、資金面からもスパーズで決まりとなりそうだ。

 未だ成長を遂げているこのデンマーク人は、夏にどこへ行くことをきめるのだろうか?

By | 2017-04-21T21:52:06+00:00 3月 18th, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment