テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

欧州蹴球文化紀行 ベルギーの光と闇 第七話 サンジェルマンアンレーからの風

ヘントの大波乱。《英雄》はPSGユース出身者

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは2月16日幕を開く。16チームの国別内訳はイングランド3 スペイン3 ドイツ2 イタリア2、フランス、オランダ、ポルトガル、ロシア、ウクライナ、ベルギーが各1。

LYON

 番狂わせ連続でベルギーのヘントが初の決勝トーナメント出場の快挙。ヴァレンシア、オリンピック・リヨン(OL)を蹴落としてのGS突破は賞賛に値する。振り返ると天王山はスタッド・ド・ジェルラン。

 昨年リヨンを訪れ閑静な街に魅了されてすっかりOLのファンに鞍替えした筆者。その際のカーン戦でのラカセットの活躍に加え、半年後6月8日サンドニでのベルギー戦の記憶からリヨンの勝利を疑わずに翌朝PCを開いて鼻から珈琲を噴き出しそうになった。

lacazette

TBSが急遽放送したフランスとベルギーの親善試合。赤い悪魔に国内組はアンデルレヒト4名、クラブ・ブルージュとメケレンから1名、ピッチに立った選手は無。

 一方ホーム、ル・ブルーにOLからは、ラカセット、フィキル、ゴナロン、ジャレと4名が招集され。マルセイユ(OM)の2名PSGの2名の仏国内組どころかアーセナル2、ユベントス2の国外組を含めても代表チームにおける最大派閥を形成しているのがオリンピックリヨンなのだ。
フィキルは代表初ゴールも決めている。そしてデシャンからPKを任されたヴァルビュエナが加わったのだからトリコロールカラーが最も相応しいクラブと言える。

バルビュエナ

 昨年のUEFAクラブランキングでは30位にインテル。29位のアヤックスより上位の27位につけるリヨン、63位のヘントに誰が負けると予想するだろうか。

cou

 しかし1-1から後半ロスタイムも5分に奇跡が起きてしまった。カリファ・クリバリが勝ち越しボールを決めた瞬間ゲントが2位に浮上したのだ。

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment