テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

バロンドールに縁のないピッチを支配する男

 能力的には最強と呼べる選手だが、バロンドールが取れない選手がいる。それが、イブラヒモビッチである。彼の能力は一目瞭然だ。スピードこそメッシやロナウドには劣るが、それ以外の部分では勝るとも劣らない能力を持っている。特にフィジカルとアクロバットなプレーは2人を凌駕している。

 イブラヒモビッチは、母国スウェーデンのマルメでキャリアが始まった。元々スウェーデンの血は引いておらず、ルーツはボスニア・ヘルツェゴビナにあるが、両親の移住先であるスウェーデンで生まれたためである。そのマルメで活躍し、アーセナルとの争奪戦の末、オランダの名門アヤックスに移籍した。アヤックスでは2、3年目に2桁得点をし、リーグ優勝も2回取り、ユベントスに移籍することとなった。ユベントスでも初年度から2桁得点を取り、2年連続リーグ優勝したが、カルチョ・スキャンダルによって優勝を剥奪され、2部に降格してしまった。その際インテルに移籍し、リーグ優勝3回と得点王を取り、バルセロナに移籍した。バルセロナでは、2桁得点とリーグ優勝をしたが、わずか1年でミランにレンタル移籍、そして1年後に完全移籍した。ミランでの1年目は優勝し、2年目は得点王を獲得したが、優勝できず自身のリーグ優勝は8年連続で終わった。そして、パリ・サンジェルマンに移籍し、2年連続リーグ優勝、得点王を取った。経歴を見るだけでもイブラヒモビッチはリーグ優勝請負人であることがわかる。

 スウェーデンではそんな彼のファーストネームであるズラタンが支配するという意味で辞書に載った。リーグでは優勝請負人として結果は出すことができるが、チャンピオンズリーグや代表などの国際試合では、なかなかタイトルをとることができていない。バロンドールを取るためにはチャンピオンズリーグでの活躍が必要だろう。今季、パリ・サンジェルマンがチームとして成熟してきている中、チャンピオンズリーグを取ることはできるのだろうか。予想としては、今季は4位、来季は優勝を狙えるのではないかと思っているが、それもイブラヒモビッチという怪物がチームに残っていることが条件となるだろう。引退までに是非バロンドールを取ってもらいサッカー界を支配してもらいたいところだ。

By | 2014-08-15T15:23:43+00:00 8月 9th, 2014|Categories: コラム|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

1988年生まれ。 愛知県在住。 幼稚園年長から小学校5年生までは、 クラブチームと部活で6年間サッカーを続ける。 それから少しのブランクがあるものの、大学でサッカーを再開。 2006年ドイツワールドカップでサッカー観戦に目覚め、 現在は毎日サッカーを観戦するほどのサッカー好きに。 趣味は、サッカーと海外旅行、漫画。

Leave A Comment