テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ギリシャ対コロンビア戦で見えた、ギリシャの隙

本日、ついに日本代表にとってグループリーグ突破をかけた、ギリシャとの死闘が始まる。

そこで、ギリシャ対コロンビア戦から見えてきた、ギリシャの3つのウィークポイントをチェックしたい。

Weak Point 1. 空っぽの中盤

これは何よりも目についた部分である。
ギリシャDFがボールを低いラインで回している時に、相手陣地のバイタルエリア前でボールを要求する味方プレイヤーがいないのである。
さらに、そこで(バイタルエリア手前)仮に誰かがボールをもらったとしても、足下の技術が低いため、コロンビアのDFにすぐにカットされてしまっていた。

Weak Point 2. 古典的1対1主義

ギリシャのDFは四枚であるが、なかなかサイドバックがMFを追い越して攻め上がるシーンがない。
つまり、ギリシャのMFがサイドを駆け上がる時に、サポートしてくれる仲間がいないのだ。
これは必然的に、ギリシャMFが局面の打開を一人でやらされることになる。
日本はMFとDFで激しく囲む事によって、ボールを奪取出来るであろう。

Weak Point 3. 戦術の選択肢がない

About the Author:

Soccerlture 編集部
Soccerlture編集部です。

Leave A Comment