テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

スぺランツア高槻VSジェフ千葉L ~スコアレスドローも若手が躍動したスぺランツァ


両エース不発のスコアレスドローも高槻MF成宮唯が存在感

【なでしこリーグ1部・レギュラーシリーズ第12節】

スぺランツァFC大阪高槻0ー0ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

【得点者】なし

1部リーグ昇格も最下位のスぺランツァ高槻、両ゴール前に代表選出のタレントを抱えるジェフL

 台風11号の中で開催されたプレナスなでしこリーグ第11節・INAC神戸レオネッサVSスぺランツァFC大阪高槻を現地観戦してから僅か3日後、筆者も連戦となる第12節は3日前にも観たスぺランツァ高槻がジェフ市原・千葉レディースをホーム開催となる大阪・高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場に迎えた一戦に足を運んで来ました。

 スぺランツァ高槻は今季からなでしこリーグ1部に再昇格して来たばかり。
 しかし、前節まで1勝1分9敗の最下位に沈む苦しい成績。昨季からのなでしこリーグは全10チームで構成されており、ホーム&アウェイの総当たり2回戦で全18節を消化した時点で、「レギュラーシリーズ」を終了。
 その時点で上位6チームが優勝を争う【上位リーグ】と、下位4チームによる1部リーグ残留を争う【下位リーグ】に分かれる「エキサイティングシリーズ」となるスプリットシステムを採用していますが、スぺランツァは残り7試合で6位の岡山湯郷Belleとは勝点8差。上位リーグ進出は極めて難しく、現実的には下位リーグで1部残留を目指すチーム作りを再構築中というところ。
 【下位リーグ】で最下位になった場合が自動降格、同9位となった場合は2部リーグの2位のチームとのホーム&アウェイによる入れ替え戦行きとなりますが、【下位リーグ】には「レギュラーシリーズ」で獲得した勝点の3分の1しか持ちこさないため、挽回はまだまだ可能です。

 そんなスぺランツァにはカナダW杯のメンバーからは外れたものの、なでしこJAPANのスーパーサブとして流れを変える印象的なゴールを決めてきたFW丸山桂里奈が所属。その丸山と共に来月開催される東アジアカップの予備登録メンバーにエントリーされている佐藤楓も台頭中。佐藤は170cmの長身と身体能力を活かして、CFとCBの両方をこなすオールラウンダーとして注目されています。

 そして、筆者が注目しているのは背番号7番を着る20歳のMF成宮唯。3日前に観たINAC戦でも鋭いドリブル突破からアシストを記録するなど、彼女の突破力やアイデアはスター軍団のINAC相手にも十分に脅威となっていました。
 2011年のU16アジア選手権で優勝した際の主将でもあり、それにより出場権を獲得した翌2012年のU17W杯でも主将を務めてベスト8進出。同代表チームには現在INACで主力に成長したFW増矢理花とDF三宅史織もいて、彼女たちを束ねた成宮のプレーには初めて生で観た筆者にも光るモノを感じさせてくれました。
 筆者の中では、この試合を迎える上での【注目選手】となりました。
 とは言っても第11節終了現在でチーム総得点が僅か6点という深刻な得点力不足が最下位に沈む理由ですが・・・。

 一方、ジェフL(レディース)はカナダW杯に招集され、初戦のスイス戦でのW杯デビュー戦を完封勝利に導いたGK山根恵里奈、第2戦のカメルーンで決勝点を挙げたFW菅澤優衣香という両ゴール前で能力を発揮するタレントを抱え、前節までで強豪の浦和レッズ・レディースと岡山の上を行く4位と好成績を挙げています。

 特に昨季のなでしこリーグ得点王であるFW菅澤はチーム総得点15の6割となる9得点を自ら記録して今季も得点ランクトップに立っています。山根もカナダW杯参加24カ国の全エントリーメンバーの中で最長身だった187cmの高さで強さを見せ、ここまでリーグで少ない方から2番目の8失点という堅守の要因を占めています。

スぺランツァはボール奪取からの速攻、ジェフはサイド攻撃で好機演出も崩し切れず

 試合の方はオーソドックスな<4-4-2>を布陣を敷くジェフが最終ラインからロングボールを使ってサイドへ展開し、ゴール前で合わせる形を得意とする得点ランクトップのFW菅澤をターゲットにどんどんクロスボールを放り込んで来るのに対して、スぺランツァはINAC戦と同様に<3-4-3>のシステムで入り、守備時には5バック気味にブロックを作るものの、中央の密度を高める事で中盤でのボール奪取からの速攻に冴えを見せました。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment