テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

スピードの魔術師アリエン・ロッベン

 ワールドカップでMVP級の活躍をし、世界に未だ健在だということを知らしめ、最高のスピードとテクニックを兼ね備えている選手がロッベンである。

 100メートルを10秒台で走ると言われているロッベンであるが、ワールドカップでも初戦のスペイン戦で、そのスピードで後ろからセルヒオ・ラモスを抜き去り、ドリブルで相手を翻弄し、ゴールを決めた。
 ロッベンのイメージといえば昔から、スピード、怪我、切り返してのシュートと言ったイメージが思い浮かぶ人も多いだろう。ロッベン自身、何度も怪我をしており、シーズンを通して戦えたことはないのではないかと言える程である。
 しかし、昨シーズンは、シーズンを通して怪我がなく、バイエルンの史上最速優勝に貢献。そのまま、ワールドカップでもオランダを3位に導いた。

 ロッベンはフローニンゲンでキャリアが始まり、PSV、チェルシー、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンと数々のビッグクラブでプレーし、在籍したビッグクラブすべてでリーグ優勝を経験した。そして、一番活き活きとしてプレーしているのがバイエルン所属の今だろう。怪我やレギュラーから落とされたり、活躍したのに放出されるといった不遇を今までは味わってきたが、バイエルンではそういうことがない。バイエルン=ロッベンのチームと言える程の存在感になっている。
 プレー的には、彼のドリブルは、ほぼ左足のみのタッチであり、スピードに乗ったドリブルをする。ディフェンスはスピードで抜かれないように縦をカバーすれば、切り返され得意の斜め45度の位置からシュートが決められる。逆にロッベンは中に切り返すからといって、中をケアすると縦に抜かれる。ディフェンダーはロッベンの動きが分かっていても止められないのである。そして、一度裏にボールが出されれば、ロッベンにスピードで勝つことはできない。彼のシンプルだが有効的なプレーは無駄が一切ない。

 今シーズンは、当然、チームとしてリーグ優勝とチャンピオンズリーグ優勝を狙っているだろうし、個人としてはバロンドールを狙っているかもしれない。ロッベンの実力であれば、ライバルは多いがバロンドールを取る可能性はあるだろう。

About the Author:

1988年生まれ。 愛知県在住。 幼稚園年長から小学校5年生までは、 クラブチームと部活で6年間サッカーを続ける。 それから少しのブランクがあるものの、大学でサッカーを再開。 2006年ドイツワールドカップでサッカー観戦に目覚め、 現在は毎日サッカーを観戦するほどのサッカー好きに。 趣味は、サッカーと海外旅行、漫画。

One Comment

  1. みゅんへん 2014年11月18日 at 9:17 PM - Reply

    ロッベン大好きっ子です! 今年のW杯の活躍にはホントしびれました!
    2012年のバイエルン対ドルトムント戦で批判があった頃を知るだけに、翌年のまたまたドルトムント戦で優勝を決定づけたロッベンの表情は忘れられません。バイエルン引退までずっと応援し続けます!

Leave A Comment