テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

アジア杯決勝、韓国VS豪州 ~進化を象徴する壮絶なアジア王者決定戦

 1月9日に開幕したアジアカップ2015オーストラリア大会もいよいよ決勝戦。当コラムでは日本代表の敗退後も総括記事を書き綴って来ました。

 今回は1月31日に行われた決勝のマッチレポートです。

日程に恵まれた2強による順当な決勝戦  最多得点の豪州、5試合連続無失点の韓国

 今大会は準々決勝でブラジルW杯に出場したイランと日本の2ヶ国が敗退する波乱があったものの、それが同じくブラジルW杯出場の豪州と韓国の順当な決勝進出を演出しました。

 ここまで開催国の豪州は5試合で12得点2失点。得点者が10人にも振り分けられているという“どこからでも得点がとれる攻撃サッカー”を披露。対する韓国はその開催国と同じグループAに入って、その豪州を1-0で下してグループAを首位通過。ここまで5試合を7得点とはいえ、未だ無失点を続けている堅守で大会を勝ち上がって来ました。

 決勝に進出した韓国・豪州は日程面での有利があったとはいえ、彼等にとっては準決勝が最も楽に勝利できたのでは?と思えるほどの余裕ぶり。特に準決勝第1試合の韓国VSイラク。本来は開催国の豪州がA組首位通過に入って辿るポットに入った韓国。彼等は決勝まで相手国より相当に有利な状態で試合を迎えられました。イラクが準々決勝も準決勝も中2日の超強行日程だったのに対して、韓国は同中4日・中3日です。これはグループリーグの3試合で負傷者と体調不良者が続出し、毎試合のように先発メンバーの半分を変更して戦って来た韓国には大いに助かった事でしょう。

 韓国は決勝へ向けても豪州より休養が1日多いだけでなく、開催地が準決勝からシドニーなので移動する負担もありません。開催国優遇のスケジュールに入り込んだのは、すでに消化試合化していたグループリーグ最終戦の豪州VS韓国で韓国が勝利した事。この勝利が決勝まで多分に優位性を保っています。日程は下記表をご参照ください。

 

   

   

決勝トーナメント直前以降の日程
日付 試合日程 ベスト8進出国
1月17日 A組最終節 韓国・豪州
1月18日 B組最終節 中国・ウズベキスタ
1月19日 C組最終節 イラン・UAE
1月20日 D組最終節 日本・イラク
1月22日 準々決勝 韓国VSウズベキスタン/中国VS豪州
1月23日 準々決勝 イランVSイラク/日本 VS UAE
1月26日 準決勝 韓国 VS イラク
1月27日 準決勝 豪州 VS UAE
1月30日 3位決定戦 イラク VS UAE
1月31日 決勝 韓国VS豪州

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

2 Comments

  1. アジアカップ楽しかったです☆ 2015年2月2日 at 8:51 PM - Reply

    こちらのアジアカップのコラムを連日読んでおりましてので、豪州を筆頭にアジアカップの楽しさを満喫できました。

    ライタ-さんの予想通りになって凄いと思いましたし、セインズベリ-というCBの選手に注目されているのも渋い!そしてそのセインズベリ-は本当に今後ステップアップ移籍をしていきそうな選手だと思います☆

    ただ素晴らしい記事なのに更新が遅くて結果を知ってからプレビューを読んだ時もあったのでらそれだけが残念です。

    とにかくアジアカップを楽しむことが出来ました。ありがとうございます。

    • Soccerlture 編集部
      Soccerlture 編集部 2015年2月2日 at 10:53 PM - Reply

      Soccerlture.comにご来訪いただき、ありがとうございます。
      Soccerlture編集部です。

      今後は更新をもっと急がせていただきます!
      今後ともよろしくお願い致します!

Leave A Comment