テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

♯1 はじめまして、SHT秘書室です。

チェ)はじめまして ナビゲーターの“おやじいの“です。サッカルチャーのチェアマンしてます。宜しくお願いします。

ナカ)秘書のナカムラです。よろしくお願いします。

2017年のJリーグも既に三節を消化しました。モバイル観戦時代を迎えましたが、サッカルチャーも新企画を設けました。

ナカ)サッカルチャーは、Jリーグのホームタウン《HT》活動にスポットをあて、サッカーと社会貢献について探究する国内唯一の情報メディア「サッカルチャー・ホームタウン秘書室」を開設しました。Jリーグ及び各クラブの担当者さま、活動に参加されたファン、サポーターのみなさま、そして連携していただいた自治体、企業、教育機関、NPOのみなさまからも情報をお待ちしています。取材へのご協力も宜しくお願いします。

チェ)とはいえ、いきなり写真も情報もないので、欧州で体験した事例を基に秘書室での息抜きから始めましょう。

ナカ)ところでチェアマン、日本人なのに“おやじいの”ってなんですか?それ

チェ)【おやじいぬ】は後ほど説明するとして、“じいの”は元イタリア代表のジラルディーノから貰いました。ちなみにサッカーファン必読、週刊モーニング(講談社)連載中の「GIANT KILLING」にもジーノ、でてきます。

ナカ)読者・ユーザーの皆さまに予め申しておきますと、うちのチェアマンは普段から緊張感緩いです。ゆるゆるです。朝からワイン飲んで仕事してます。

チェ)そんな貴方もワイン通でしたよね。

ナカ)ワインとシャンパンは嗜みますが、勤務中はランチタイムにビール軽く喉を潤す程度です。

nakamura1

チェ)・・・一般企業の秘書さまと比べると、うちの秘書室は微温湯どっぶりです。ぬるぬるです。この空間だけ日本ではなくイタリアです。

ナカ)ヌルヌルはドイツ語でトイレを指します。そういえばチェアマン、昨年そのジラルディーノを現地で観てきましたよね。ゴール決めました?

チェ)いやこの写真・・・興奮して乱闘になりそうな雰囲気の中、相手選手に食って掛かるのか、なだめているのか。「よくわからんなあ」という印象しか残ってません。

1-1はじめまして原稿

ナカ)さて本題に入りましょう。Jリーグ創設から四半世紀、ホームタウン活動に変化は見られましたか?

チェ)黎明期は、クラブ単独や自治体との連携が目立ちました。しかし’95年年の阪神淡路大震災が契機となり’98年に特定非営利活動促進法が施行されます。

ナカ)日本にも法人格を有するNPOが誕生しました。

チェ)はい。そして2000年代、特に後半になると日本企業のCSR(企業の社会的責任)活動が活発化します。現在は官民学一体にJクラブも加わり、コンソーシアムなど活動スタイルが
多様化していますね。

ナカ)時代変化の影響を受けながらホームタウン活動も対応しているという感じですね。チェアマンの目を惹いた活動はありますか?

チェ)2013年に開催され継続されているマスコット総選挙は、企画として秀逸です。実際どの着ぐるみが人気があるか、得票数とか順位とかどうでもよいのです。

By | 2017-03-25T18:31:52+00:00 3月 2nd, 2017|Categories: Soccerlture League|0 Comments

About the Author:

Soccerlture 編集部
Soccerlture編集部です。

Leave A Comment