テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

大学サッカーの立ち位置

 永井謙佑(名古屋グランパス)、長友佑都(インテルミラノ)、田中順也(スポルティングリスボン)。世代別、フル日本代表に名を連ねたメンバーである。

 彼らに共通するのは、「大学サッカー出身」である。

 近年、Jリーグで活躍著しいのは、大学サッカー出身選手だ。

 かつて、Jリーグではサテライトリーグと呼ばれる二軍の公式戦が2009年まであったが、廃止された。

 そこで、Jリーグのクラブでは、若手の選手育成の場として大学サッカーを利用し始めた。

 大学サッカーでは比較的試合経験を多く積むことが出来、新人獲得は大学サッカー出身選手が中心になっていった。

 2015年度、名古屋グランパスはユースからトップチームへ昇格させない方針を決めるほどだ。

 しかし、2009年、新人王(ベストプレーヤー賞)に年齢制限を設け、大学を出た新人は選出されなくなった。

 つまり、大学新人は新人とみられなくなったわけである。よって、形の上では大学からの加入ということは、JFLや社会人リーグからの加入(=移籍)と同じであることを示している。

 ここで疑問が生じる。大学サッカーの立ち位置である。クラブなのか。それとも、育成カテゴリーなのか。

 ある大学サッカー関係者はこうも嘆く。

 「もし、大学側に育成を任されるのであれば、移籍金・育成費が欲しいくらい」と。
 確かに言い分は正しいように思える。

 大学サッカーでプレーするには大きく分けて3つある。試合経験が積める。精神的にタフになる。そして最終学歴が大学ということだ。

 世界の中でも、大学サッカーが多く加入されるJリーグである。世界でも類を見ないこの傾向を生かせば、もっと日本サッカーは強くなるだろう。

 そのために、ユースor高校→大学→Jクラブの連携をもう少し高めてもいいのではないだろうか。

 そして、大学サッカーの立ち位置を明確にすべきである。

About the Author:

京都府在住 / 20代 / 趣味:音楽鑑賞とスポーツ観戦、写真撮影 / サッカー歴:幼稚園年中から中学校三年までサッカーを行う。大学に入学し大学サッカーを中心に取材。年間大学サッカー含め、100試合以上は観戦している。

Leave A Comment