テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ケディラ獲得失敗の際の代替案に、シャルケ、ドイツU21代表ボランチ獲得に動く?

 今シーズンでレアル・マドリードとの契約が切れるドイツ代表MFのサミ・ケディラだが、現在彼の獲得レースをリードしているのは日本代表DF内田篤人が所属しているシャルケであると言われている。

 しかし、高額の年俸に加え、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得が難しい位置になっていることから、その雲行きが怪しくなってきたようだ。

 彼の獲得に失敗した際の代替案として浮上してきたのが、ドイツU21代表MFで日本代表FW岡崎が所属しているマインツのMF、ヨハネス・ガイスである。

 ケディラのようなパワフルさには欠けるものの、鋭い読みと豊富な運動量で中盤を制するタイプのボランチであり、FKやCKのキッカーも勤めるなど、技術にも秀でた優れた選手である。

 21歳と若いこの選手の移籍金は800から1000万ユーロであると言われており、シャルケのほかにもレーバークーゼンやボルシア・メンヘングラッドバッハ、ヴォルフスブルグといったブンデスリーガのチームのみならず、日本代表MF、本田圭佑が所属するACミランやフィオレンティーナといった海外チームも彼の獲得に乗り出しており、激しい争奪戦が繰り広げられている。

 既にマインツの主軸として欠かせない選手となっているだけに、マインツも必死の慰留を行っているようだが、資金力に乏しい同チームは納得するだけの条件をそろえるのは厳しそうで、来シーズンの移籍は避けられそうも無い。

 果たして、この若き才能は来シーズンをどこで迎えることとなるのだろうか?

About the Author:

年齢:30代
出身地:埼玉県
サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ
趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment