テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

シャルケ、来夏の補強ターゲットはドイツ代表FW!

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケ04は、同一リーグ内の古豪、ボルシア・メンヘングラッドバッハ所属のドイツ代表FW、マックス・クルーゼ獲りに動くようだ。

 豊富な運動量や敏捷性に優れたクルーゼはボルシア・メンヘングラッドバッハの主力の一人であり、カウンターを主体とする同チームにとって欠かせない戦力の一人である。

 しかし、先日のバイエルン戦では本来クルーゼを配置する場所に、同じくドイツ代表であるアンドレ・ハーンを配置し、バイエルンを撃破する原動力となった。

 ボルシア・メンヘングラッドバッハが今後もアンドレ・ハーンをメインにチーム作りをする場合、クルーゼのシャルケへの移籍可能性は高まるだろう。

 また、クルーゼが契約している代理人の存在も、シャルケ移籍の噂の後押しをしているといえる。

 代理人であるトーマス・シュトルンツ氏は、シャルケのGKファビアン・ギーファー、GKティモ・ヴェレンロイター、DFマーヴィン・フリードリッヒ、FWフェリックス・プラッテらシャルケの四選手とも代理人契約を締結しており、シャルケと縁が深い人物なのである。

 そこもまた、クルーゼの移籍を後押しする原動力になっているといえる。

 問題となるのは、高額になることが予想される移籍金のみということになる。

 というのも、クルーゼはメンヘングラッドバッハとの契約を2017年まで残しており、最低でも1200万ユーロ(約16億円)は下らないと思われるだけに、今季の成績如何では不成立となるかもしれない。

 どちらにしても、シャルケとしては前線の補強の為にも、是が非でもCL圏内を目指さねばならないだろう。

By | 2017-04-21T21:52:02+00:00 4月 2nd, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment