テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

シャルケvsヘルタ・ベルリン 〜内田とディ・マッテオの共創のはじまり

ブラジルW杯ールドカップのあと、コンデイション的に常に不安があり、一時は代表引退を口走るなど、人気者のウッチーも、その表情に影を感じさせるなど、どうも彼らしくないと感じていた。
そしてチームの低迷からついに監督が解任。
不安の要素がさらに増えたと思った。

ただ新監督がディ・マッテオとなると、ちょっと事情は違う。

チェルシーがCLで優勝した時、ドログバやA・コールなどのベテランをうまく使い、それでも若いにもかかわらず落ち着きはらった雰囲気は、監督たる風格を感じさせた。
だから翌シーズンチェルシーを「成績不振」で解雇されら時から、次はどのチームの監督なるのか実は心ひそかに注目していた。

するとなんとスタンフォード・ブリッジのつぎはヴェルティンス・アレーナ。

この試合、内田は生き返ったように縦横無尽にグランドを駆けまわっていた。
時には左サイドのボックス内で相手アタッカーを倒すなど運動量が豊富だった。

また明確なデータはないが、この試合はシャルケから見て右サイドでほとんどがプレーが行われた。
内田が起点となり、また確実に潰しにかかるなど、攻守に大活躍だった。

2-0で勝ったあと、ディ・マッテオ監督はめずらしく派手なガッツポーズを魅せて喜びを隠さなかった。
もちろん何かが完成したのではない。彼らはこれから何かを創らなければならないのだ。
しかしヴェルティンス・アレーナの芝にはその可能性の香りが漂っているようだった。

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment