テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

♯12 欧州フットボールシーンを駆け抜けろ(四月/第一週)

日本のみなさん こんにちは ハンガリーの秘書 クリスティーナです。
五月は目に青葉の季節。日本と同じくこちらも最も過ごしやすい季節です。今回はチェアマンは登場しません。「疲れたから勝手にやってくれ」と言うことなので同行した私が写真を紹介します。

そもそもこの秘書室は、Jリーグのホームタウン活動を取り上げる企画なんですが、欧州のフットボールシーンがクライマックスを迎えるこの時期になると、おやじいのチェアマンはこちらにほとんど居ます。日本人秘書は「国外逃亡」と言っています。6月のFIFAワールドカップ欧州予選が終了したら、Jリーグの取材に腰を上げるそうです。

そして今月はハンガリーを拠点に欧州を各地へと移動していましたので、足跡を振り返りますね。

1日エイプリルフールです。馴染みの薄い日本の読者・ユーザーの皆さまも今季のUEFAコンペティションの成績を見ればOPTバンクリーガのレベルをご理解いただけるでしょう。
昨季王者フェロンツバロシュは2回戦でアルバニアのクラブに敗れ、ヨーロッパリーグは予選2回戦でMTKブダペスト、デブレツェニVSCが消え、3回戦でヴィデオトンが延長戦の末デンマークのミッテランに敗れました。この日ブダペストのS.フェレンツスタジアムは、バシャシュ-デブレツェニVSC戦。この時点で首位ヴィデオトンとの勝ち点差が6。3位のバシャシュがホームで10位と今季不振に喘ぐデブレツェニに足を掬われました。

同日の夜は、ホンヴェドとフェロンツヴァロシュのダービー、2位と4位の対決でしたが、前回の借りを返したホンヴェドが優勝戦線に踏みとどまりました。

2日の日曜は、三部のBKV Előre SCがデブレツェンのhajdúböszörményに3-0。左端に人影が見えますが大勝にご機嫌の選手がビールで祝杯をあげていました。Sport utcai stadion = スポーツ通りスディオンの客席はこのメインスタンドのみ。収容人員は2500人です。


4月の3日はブダペストからピサへと空路、更に列車でフィレンツェまで移動しました。

4月4日はフィレンツェからローマに移動。ローマの滞在時間は3時間半なのでコッパイタリア準決勝のデルビー・デッラ・カピターレは戦半だけの観戦に。コリエレ・デッロ・スポルトとメトロも「号外」を配布してデルビーを盛り上げます。

写真は後半開始直後に撮影したオリンピコ。散乱したゴミと空のビール瓶もまたデルビーらしいのですが日本ではあり得ない光景でしょう。

ローマからブラティスラバ経由でウィーンに。5日はSAMSUNカップ準々決勝はアウストリア・ウィーンとアドミラ・ヴァッカー・メードリング。
ASローマとアウストリア・ウィーンは今季UEFAヨーロッパリーグのグループステージ、10月02日オリンピコで対戦しています。2点のビハインドで残り10分立て続けにゴールを奪い
アウストリアがドローに持ち込んだ試合は今季のハイライトと言えるでしょう

By | 2017-04-25T23:34:24+00:00 4月 25th, 2017|Categories: Soccerlture League|0 Comments

About the Author:

Soccerlture 編集部
Soccerlture編集部です。

Leave A Comment