テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

イングランドサッカー協会、脳しんとうに関する規定を改める

 イングランドサッカー協会は脳しんとうに関する規定を改めることを発表した。
 これからは脳しんとうを起こし、意識を失っている疑いの起こった選手は、即交代を求め、その後回復したとしても、再び出場することはできないとのことだ。

 試合中の接触プレーで倒れた選手がしばらくの間立ち上がれず、チームメイト、救護チームが慌てて駆け寄るといった場面は時々見られる。昨季には対エヴァートン戦で、トッテナムホットスパー所属のGKウーゴ・ロリスが相手選手の膝が頭にあたり、一時的に意識を失ったような状態になったが、その後ロリスはプレーを続行すると言い、試合は再開された。このことは大いに話題になっていた。
 試合が白熱してくると、選手の動きが活発になることはもちろんのこと、ラフプレーも起こりやすくなってくる。
 しかし、選手らはチームのために自分がプレーするという信念の下、無理をしてでも試合を続ける場面がよくある。これは脳しんとうに限らず、流血などのケガもそうだ。一時的にはピッチを出ても、血を止める治療を受けピッチに再び立つ。そんな姿を見ると、「よし、戻ってきた!」と思うと同時に「大丈夫なのか…?」といった心配も出てくる。自分の好きな選手ならなおさらだ。
 選手自身が、プレーを続けたがる気持ちはよくわかる。それに対しOKサインを出すのは、選手だけでなく監督であり、審判もそうだ。審判は試合をコントロールしなくてはならない。であるから、今回の協会による明確な規定は、現場にとってはありがたいことではなかろうか。     
 ピッチから降ろされることに対し「まだプレーできるぞ」という選手・監督も出てくるかもしれないが、長いリーグ戦を見据えれば、下がるべきか、続けるべきかの選択は自ずと見えてくるのではないだろうか。選手はクラブにとっての財産だ。今回の規定を機に今一度、試合中の健康管理に目を向けてもらいたい。

By | 2017-04-21T21:52:43+00:00 9月 17th, 2014|Categories: コラム, プレミアリーグコラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment