テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

マンチェスターユナイテッド&英国代表キャプテン、ウェイン・ルーニー

 マンチェスターユナイテッド所属のウェイン・ルーニーがクラブのゲームキャプテンだけでなく、イングランド代表のキャプテンとしても腕に腕章を巻く機会が増えてくるようだ。

長らく代表でキャプテンとしてチームを牽引してきたジェラードもこの件について支持しているようである。

 ユナイテッドもイングランド代表も不振に苦しみ、満足のいかない結果が続いている。

 サッカーの母国であるイングランド代表は、圧倒的大差で勝ちきれるようなことはなく、弱小国との試合でも、危うい展開がみられる。英国の名門、マンチェスターユナイテッドの状況はもっと悲惨で、新監督がかなりの金を注ぎ込み補強を図るも、開幕からうまくいっていない。

 そんな中、ルーニーは両方のチームで腕章を巻くのだ。両チームが再び上を向けるときはくるのか。彼にのしかかるプレッシャーは大きいだろう。クラブでは、ベテランであるファーディナンドやエブラらが去り、代表でもランパード、ジェラードが去った。なんと悲しいことだろうか。新たに、彼と横に並んで共にチームを引っ張ってくれる存在が現れることを私は願う。

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment