《編集部が行く》企画第一弾!

 今回は東京都大学サッカーリーグ1部に所属する立正大学サッカー部に向かった!校舎の美しさや充実したスポーツ設備を観察した我々は、須永俊輔コーチに部室へと案内していただいた。

杉田守監督インタビュー

— まずは杉田守監督の経歴をお聞きしたい。

杉田守 私のキャリアは読売クラブ(現ヴェルディーJrユース)に始まります。高校時代は習志野高校サッカー部に所属し、2002年度全日本ユースサッカーでは清水商業との決勝を戦いました。その後、立正大学に進学し、プロを目指しましたが、怪我に悩まされ、指導者の道を選ぶことになりました。当時も引退後(将来的)には指導者になりたいと考えていたので、怪我のおかげで指導者へのショートカットができたのかな、とも思います。

— 始めから大学生の指導に当たられていたのですか。

杉田守 いえ、怪我に悩まされていた当時、私の治療を担当してくれていたドクター達(ラモス瑠偉等、有名選手のドクターをしていた鍋島整形外科)が行っていた、地域の子供達へのサッカースクールに連れて行っていただいたのが指導者の第一歩です。

— 当時”指導者としての知識”をお持ちだったのでしょうか。

杉田守 正直に言えば、なにもそのような知識を持ち合わせていない状態でのスタートでした。

— 正直な回答ありがとうございます(笑)。監督へのキャリアパスについて伺いたいのですが。

杉田守 そうですねえ。J1リーグやJ2リーグの監督への道と、大学や高校の監督への道には差があると思います。正直なところ、日本人がJリーグの監督になるためには、しっかりとプロサッカー選手としてのキャリアを積み、かつ、かなりの知名度がないと厳しいのではないでしょうか。

— では大学や高校の監督への道については。