テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

黄金期鹿島アントラーズを支えた中田・柳沢の引退

 ユニフォームを脱ぐ。そして二度とピッチには立たない。

 プロサッカー選手にとって一番、悲しい気持ちになるときがこの瞬間だろう。それを今年も二人の選手が決めた。

 J1リーグ鹿島アントラーズ所属中田浩二、ベガルダ仙台柳沢敦だ。

 両選手は79年組として鹿島アントラーズに1998年に入団。同期には、本山雅志、曽ヶ端準(両選手とも鹿島所属・現役)らがいる。

 中田は、ボランチやセンターバックとして活躍。05年にはフランスリーグ1、オリンピックマルセイユに移籍を果たす。その後、スイスリーグのFCバーゼルを経て08年に鹿島アントラーズに再び復帰。左サイドバックや、センターバックなどプレーした。

 しかし、時間が経つにつれて出場機会を失っていく。増田誓志、柴崎岳らの台頭で居場所はなくなっていった。

 日本代表としては日韓W杯のメンバーに選出され、当時監督のトルシエに重宝されフラット3の左センターバックとして4試合フル出場。ドイツW杯にも出場し、2大会連続のW杯を経験する。
「チームと11月に入って話をしました。チームが世代交代をしている中で、いつまでも(ベテランの)自分が居座っているのも良くないと思いました。出場機会も少なくなり、チームが良い状況の中で練習だけしているのも苦しかった。移籍の選択肢もあったが、他のチームのユニホームを着てプレーすることを想像できなかった」(スポニチアネックス12月07日記事より)
と、本人は話す。
 左利きのCBは、中田浩二以来代表に定着していない。闘莉王も、吉田麻也も右利きだ。アギーレジャパンで、サガン鳥栖のDF坂井達弥が代表選出された理由は、左利きだったという。中田浩二、二世の誕生を願ってやまない。

◇中田浩二◇
1979年7月9日生まれ
B型 滋賀県出身
182cm/74kg
帝京高校→鹿島アントラーズ(98年~04年)→マルセイユ(05年)→バーゼル(06年)→鹿島アントラーズ(07年~14年)

 背番号13。と言えば柳沢敦を思い浮かべる人も少なくないだろう。動き出しの質で得点をとってしまう。中盤に落ちてきて、ボールを受けると思えば、DFラインの裏を狙い、ゴールをかっさらう。
 ストライカーというよりは、セカンドトップと表現した方がいいかもしれない。オフザボールの時が彼の勝負どころであった。
 海を渡り、イタリアでプレーしていたこともあったが、日本に復帰後、出場機会を減らしていく。機会を求め、京都サンガ、ベガルダ仙台に。今年はピッチに立つ機会が減り、引退を決意した。
 彼はシュートチャンス時に、味方選手にパスを出すこともあった。物議をかもしたこともあるが、「点を取るだけがFWの仕事ではない」と教えてくれたのかもしれない。

By | 2017-04-21T21:52:22+00:00 12月 9th, 2014|Categories: コラム, その他コラム|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

京都府在住 / 20代 / 趣味:音楽鑑賞とスポーツ観戦、写真撮影 / サッカー歴:幼稚園年中から中学校三年までサッカーを行う。大学に入学し大学サッカーを中心に取材。年間大学サッカー含め、100試合以上は観戦している。

Leave A Comment