テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

レアル・マドリード、モラタの買戻しを検討中?

 出場機会を求めてレアル・マドリードからイタリアセリエAのユヴェントスへと1800万ユーロといわれる移籍金で完全移籍したアルバロ・モラタ。

 ここまで公式戦32試合に出場し、10ゴール5アシストを決め、チームに欠かせない選手へと順調に成長していっている。

 出場機会さえあれば結果を出すことを自ら証明して見せた形だが、その結果を見たレアル・マドリードは、アルバロ・モラタの買戻しを検討しているようだ。

 というのも、この移籍には契約外条項が盛り込まれており、レアル側が望んだ場合、一年目終了時の買戻しには3000万ユーロ、2年目終了時には3500万ユーロで買戻しが可能になる模様だ。

 こういった契約は以前にもレアルは行っている。ユースから上がったばかりの右サイドバック、ダニエル・カルバハルをドイツ、ブンデスリーガのレーバークーゼンに600万ユーロで移籍させているが、その際にも同様の移籍外条項を盛り込み、一年目終了の夏に600万ユーロで買戻しを行っている。

 だが、現状を見るに、モラタの買戻しは現実的ではないように思える。トップにはベンゼマという絶対的なストライカーに加え、クリスティアーノ・ロナウドにギャレス・ベイル、ハメス・ロドリゲスというアタッカーを擁している。

 その後ろにはヘセ・ロドリゲスというユース上がりの才能も居る以上、バックアップも万全の状態だ。

 また、3000万ユーロを彼に払うのであれば、ペレス会長はよりユニフォームを売れる選手を獲りに動くと思われる。

 しかし、彼がもし復帰するのであれば、それは朗報である。

 レアルに力強さが加われば、シメオネの加入で強さを増したアトレティコに対するカウンターになりうるだろう。

 果たして、レアル側は声をかけるのか否か。楽しみな状況である。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment