テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

アジア杯準々決勝レビュー&準決勝プレビュー

 今月9日に開幕したアジアカップ2015オーストラリア大会も準々決勝が終了。

 残すは準決勝2試合・3位決定戦・決勝の4試合のみになりました。

 ここでは大会の中間総括として、グループリーグも東アジア勢が強さを見せたA組(豪州・韓国・クウェート・オマーン)とB組(韓国・ウズベキスタン・北朝鮮・サウジアラビア)編や、日本以外は中東勢となり、日本にとっては“中東包囲網”となったC組(イラン・UAE・バーレーン・カタール)とD組(日本・イラク・パレスチナ・ヨルダン)編を総括して来ました。

 今回は準々決勝のレビューと準決勝へ向けたプレビューをしてみましたのでご覧ください。

 という事で、まずは準々決勝の結果から。

【準々決勝レビュー】首位通過は韓国のみ ベスト4進出国の共通テーマは世代交代着手

<準々決勝結果>

①韓国<A組首位>2延長0ウズベキスタン<B組2位>
②中国<B組首位> 0-2 オーストラリア<A組2位>
③イラン<C組首位> 3(6PK7)3 イラク<D組2位>
④日本<D組首位>1 (PK4-5) 1 アラブ首長国連邦<C組2位>

 まず、準々決勝を勝ち上がった4ヶ国にはグループリーグを首位通過したのがA組の韓国のみという結果が残りました。しかし、この準々決勝4試合に共通するのは試合日程の間隔と言えるでしょう。

About the Author:

hirobrown

創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment