テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

PSG、ドイツから大量選手補強を画策。悲願のCL獲りへ資金は惜しまず

 フランス、リーグアンで現在首位を走っているパリ・サンジェルマンは、来夏の補強リストにドイツ、ブンデスリーガで活躍する選手を多くリストアップしているようだ。

 そのリストに名前が挙がっているのは、

ヴォルフスブルグの主軸として活躍しているベルギー代表MFのケヴィン・デ・ブルイネ、ボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFのマルコ・ロイスとアルメニア代表MFのヘンリク・ミキタリアンの三人のようだ。

 いずれも契約がまだ残っている、または更新したばかりの選手ばかりである。

 デ・ブルイネの移籍金だけでも最低6000万ユーロ(約77億円)は下らないと目算されているだけに、仮にこの三人の獲得が成功した場合、今シーズンにマンチェスター・ユナイテッドが移籍に支払ったと言われている2億ユーロ(1.5億ポンド、約260億円)を大きく上回る金額となる。

 これに加えて、ユヴェントス所属のフランス代表MF、ポール・ポグバをも狙っているというのだからもう開いた口が塞がらない。

 最も、カタール人がオーナーを勤めるチームにとってはこの金額ですら問題なく支払えるのだろう。

 問題となるのはフィナンシャル・フェアプレーをどう乗り切るかが焦点になっているようで、その為にウルグアイ代表FWのエディソン・カバーニとフランス代表MFのエセキエル・ラベッシの売却を考えているようだ。

 昨シーズンはチャンピオンズリーグ準決勝で涙を呑んだだけに、更なる戦力補強で悲願のビッグイヤー獲得を狙っているパリ・サンジェルマン。

 果たしてどこまで戦力を拡大できるのか、興味は尽きない。

About the Author:

年齢:30代
出身地:埼玉県
サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ
趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment