テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

岡崎にプレミアの熱視線?ウェストハムとウエストブロムウィッジが候補に?

*記事の内容が少々古くなっております
 ここまで17試合で8得点で4位タイと昨シーズンに引き続き好調を維持しているマインツの日本代表FW、岡崎慎司だが、そんな彼にイングランドのチームが熱視線を送っているようだ。

 プレミアの中位チームであるウェストハム・ユナイテッドとウェストブロムウィッチ・アルビオンが獲得に名乗りを上げているようだ。

 マインツとの契約は2016年6月までだが、チームのゼネラル・マネージャーであるクリスチャン・ハイデル氏は、基本路線は岡崎の残留と契約延長を考えていると話しているものの、800万から1000万ユーロと言われている今年の夏での移籍金でそれ以上の額を積んできた場合は考慮する、とも言っており、仮にハマーズやバギーズが本気で獲得しに来た場合は、プレミア移籍も充分にありえるかもしれない。

 だが、先日の岡崎のインタビューで、24歳でドイツの地に来て、27歳でようやく順応できたという言を聞く限りでは、再び異国の地に行くかと言われれば首を傾げざるを得ない。
 ましてや、フィジカルモンスターとしのぎを削るプレミアで、岡崎がCFとして戦えるかを考えた場合、更にその疑問は大きくなってしまう。ブラジルワールドカップでも倒される回数が多かっただけに、サラリーが更に上がるとはいえ、自身のプレイスタイルに会わないイングランドへは行かないのではないだろうか?

 まずはアジアカップ連覇のために日本代表でしっかりと結果を残し、マインツでも得点を重ねて来シーズン、再び欧州への舞台を目指して欲しい。岡崎は更なる進化が出来るはずだ。

By | 2017-04-21T21:52:15+00:00 1月 12th, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment